3児の親さん薬剤師のブログ

とある薬剤師です。感染症治療を考える素材をちょこっと提供。noteもあります https://note.com/twin1980

Follow-up Blood Cultures in Gram-Negative Bacteremia: Are They Needed?

2017年にCIDから報告された、GN菌血症に対する血液培養陰性化の必要性についての論文を、薬学実習生が多職種からなるジャーナルクラブで発表してくれました。

実臨床において、担当学生はGNR菌血症患者の治療期間を主治医とディスカッションした経験から治療期間のブラックBOXに興味をもち、取り上げてくれました。

 

www.ncbi.nlm.nih.gov

 

抄読会での主な討論


コンタミ以外で血液培養フォローしなくて良いと日本ではなかなか言えないと思う。
・ 感染源がはっきりしているケース(静脈ルート感染、尿カテ感染)などでは、たしかに物理的な原因除去で改善が見込める。
・ 1回目の血液培養で薬剤耐性もはっきりして、抗菌薬が当たっているのなら、フォロー必要なさそうではある。
・ 実際に感染性心内膜炎(IE)などでは、GNRはレアなのでフォローが必要ないともいえる。
・ グラム陽性球菌ではIEなどもふくめて考えれば、この結果とは真逆で、フォローこそ大事である。

・世界トレンドとして、治療期間短く経口に切り替え、外来フォローなので、治療期間を短縮できない病態見極めが極めて重要となるだろう。

 

まとめ

 

抗菌薬の使用は、細菌が経験的抗菌薬に感受性を示さなかった場合を除いては、FUBCの陽性率に影響を及ぼさなかった。FUBC実施日の発熱は、グラム陽性球菌(GPC)ではFUBCの高い陽性率と関連していたが、グラム陰性菌では関連していなかった。死亡および集中治療室での治療は、FUBC陽性とは関連していなかった。GNBの再陽性の率は低く、1件の陽性結果を得るために、GNBではFUBCを17回、GPCではFUBCを5回行う必要があった。血液培養のフォローは、GNB菌血症の管理において、ほとんど役立っていなかった。血液培養のフォローをしすぎることは、患者に対して、医療費の増加、入院の延長、不必要な他科へのコンサルテーション、抗菌薬の不適切な使用などの重大な影響をもたらしていると言える。

 

 

Abstract


BACKGROUND:

Bloodstream infections remain a major cause of morbidity and mortality. Gram-negative bacilli (GNB) bacteremia is typically transient and usually resolves rapidly after the initiation of appropriate antibiotic therapy and source control. The optimal duration of treatment and utility of follow-up blood cultures (FUBC) have not been studied in detail. Currently, the management of gram-negative bacteremia is determined by clinical judgment. To investigate the value of repeat blood cultures, we analyzed 500 episodes of bacteremia to determine frequency of FUBC and identify risk factors for persistent bacteremia.

METHODS:

Of 500 episodes of bacteremia, we retrospectively analyzed 383 (77%) that had at least 1 FUBC. We sought information regarding presumed source of bacteremia, antibiotic status at the time of FUBC, antibiotic susceptibility, presence of fever, comorbidities (intravenous central lines, urinary catheters, diabetes mellitus, AIDS, end-stage renal disease, and cirrhosis), need for intensive care, and mortality.

RESULTS:

Antibiotic use did not affect the rate of positivity of FUBC, unless bacteria were not sensitive to empiric antibiotic. Fever on the day of FUBC was associated with higher rates of positive FUBC for gram-positive cocci (GPC) but not GNB. Mortality and care in the intensive care unit were not associated with positive FUBC. Seventeen FUBC and 5 FUBC were drawn for GNB and GPC to yield 1 positive result.

CONCLUSIONS:

FUBC added little value in the management of GNB bacteremia. Unrestrained use of blood cultures has serious implications for patients including increased healthcare costs, longer hospital stays, unnecessary consultations, and inappropriate use of antibiotics.

 

f:id:akinohanayuki:20190807052315j:plain

 

f:id:akinohanayuki:20190807052324j:plain

 

 

なお、この論文は2017年にも取り上げました。 

akinohanayuki.hatenablog.com