3児の親さん薬剤師のブログ

とある薬剤師です。感染症治療を考える素材をちょこっと提供。noteもあります https://note.com/twin1980

Phases3

Journal Club : MODIFY I and MODIFY II ; Bezlotoxumab for Prevention of Recurrent Clostridium difficile Infection

Journal Club : Bezlotoxumab for Prevention of Recurrent Clostridium difficile Infection. MODIFY I and MODIFY II 今週のプレゼンターは、感染症看護専門看護師 2017年1月NEJMに報告された、日本を含む30カ国322施設におけるC. difficile の初感染また…

抗菌薬 Phases3を振り返り

先日、ESBLに対して、カルバペネム以外を考える総論を紹介しましたが、 そこで取り上げられていた、Phase3 を振り返りました。 ASPECT-cIAI Ceftazidime-Avibactam Plus Metronidazole Versus Meropenem in the Treatment of Complicated Intra-abdominal In…

Journal Club : Prophylactic cranial irradiation versus observation in patients with extensive-disease small-cell lung cancer: a multicentre, randomised, open-label, phase 3 trial

プレゼンターは呼吸器内科の先生 Journal Club : Prophylactic cranial irradiation versus observation in patients with extensive-disease small-cell lung cancer: a multicentre, randomised, open-label, phase 3 trial www.ncbi.nlm.nih.gov

Journal Club : Olanzapine for the Prevention of Chemotherapy-Induced Nausea and Vomiting

今週は呼吸器内科の先生がプレゼンターでした。 Olanzapine for the Prevention of Chemotherapy-Induced Nausea and Vomiting N Engl J Med 2016; 375:134-142 http://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMoa1515725

Journal Club : Pembrolizumab as Second-Line Therapy for Advanced Urothelial Carcinoma

Journal Club 毎週水曜日 呼吸器内科・代謝内科・専門看護師のみなさまと開催 ・この論文を取り上げた理由 PD-1は、20年に1度のパラダイムシフト薬であり、当院においてもレジメン選択に困る尿路上皮癌に対する論文であったため。標準はGC療法だが、腎機能低…