3児の親さん薬剤師のブログ

とある薬剤師です。感染症治療を考える素材をちょこっと提供。noteもあります https://note.com/twin1980

Convalescent plasma in the management of moderate covid-19 in adults in India: open label phase II multicentre randomised controlled trial (PLACID Trial)

BMJから報告された PLACID トライアル インドにおいて、464人の患者を対象としたランダム化比較第2相試験では、死亡率や中等度から重度の疾患進行に対する効果を示すことができませんでした。 症状3日以内のサブグループ解析でも差がつかなかったことは、 血…

Efficacy of Tocilizumab in Patients Hospitalized with Covid-19

NEJMから報告された、IL-6のRCT https://www.nejm.org/doi/10.1056/NEJMoa2028836 BACKGROUND The efficacy of interleukin-6 receptor blockade in hospitalized patients with coronavirus disease 2019 (Covid-19) who are not receiving mechanical vent…

Do proton pump inhibitors influence SARS-CoV-2 related outcomes? A meta-analysis

Gutからの報告です gut.bmj.com 気になっていたCOVID-19とPPIのメタアナ Abstract Objective The adverse effects of proton pump inhibitors (PPIs) have been documented for pneumonia; however, there is no consensus regarding whether the use of PPI…

Observational Study of Hydroxychloroquine in Hospitalized Patients with Covid-19 List of authors.

NEJM に報告された、Covid-19の曝露後予防としてのヒドロキシクロロキンの無作為化試験 https://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMoa2016638?query=featured_home

COVID-19 Management Guidelinesって何があるの?

なかなか治療選択が増えないCOVID-19。 レムデシビル以外はどうなのか? note.com メジャーなものとして、NIHとIDSAがあります。 NIH Coronavirus 2019 (COVID-19) Treatment Guidelines: (5/12) https://covid19treatmentguidelines.nih.gov/ Infectious Di…

小児に対する、COVID-19治療薬は?

UpToDateなどを参考に整理してみる。 UpToDate (2020.4.11) COVID-19 の治療薬として、ヒドロキシクロロキンやレムデシビルなどのいくつかの薬が研究されているが、この適応症で認可されているものはなく、18歳未満の小児に対して認可されていないものはない…

重症COVID-19に対するアプローチ

重症COVID-19に対するアプローチを、UpToDateとIDSAガイドラインから確認する。 Favipiravirがこれらに食い込めるのかどうだろうか? どちらも、ヒドロキシクロロキン、血漿を推奨。 ロピナビル / リトナビル、トシリズマブ はオプション IDSAガイドラインは…

ロピナビル-リトナビルについて

ロピナビル-リトナビル 報告は多いが、RCTで有意差出せず。傾向は示せたが、悩ましい結果になった。 この結果を受けて、多くの施設の使用優先順位は下がった。 注意として、ミダゾラム禁忌である。 粉砕によって吸収率低下(45%程度)するため、液剤を選択す…

ヒドロキシクロロキン/クロロキンについて

ヒドロキシクロロキン/クロロキン 使用経験の報告が増えてきている。 使用しやすいかもしれない。 査読ジャーナルにおけるRCT結果を待ちたい。 ヒドロキシクロロキンまたはクロロキンがCOVID-19の治療に役割を持つかどうかについては、これまでのところ十分…

トシリズマブについて

どうでしょうか。 免疫を下げて良いのか悪いのか? サイトカインストームに対して強力な火消し剤です。 追加の報告が待たれます。 IL-6経路阻害薬 トシリズマブはインターロイキン(IL)-6受容体阻害薬であり、リウマチ性疾患およびサイトカイン放出症候群に…

Convalescent plasmaについて

Convalescent plasma 映画「アウトブレイク」での治療を思い出す。 まだ報告が少ないが期待している重症患者に対する治療法。 はじめに FDAは、重症または生命を脅かすCOVID-19患者に対する回復期血漿の使用に関する治験薬の新薬申請を受け付けている。 これ…

Remdesivirについて

レムデシビル ギリアド社の開発した抗ウイルス薬 副作用は、まだ症例少なく判断できないが現時点においては対応できそうかな。 最初に レムデシビルは新規のヌクレオチドアナログであり、in vitroでSARS-CoV-2 および関連するコロナウイルス(SARSおよびMERS…

COVID-19の波に向けて治療薬オプションを再確認

オプション治療を倫理審査にかけます。 当院は軽症症例が多いのですが、症例拡大が考えられるので事前に倫理審査をかけようと思います。

Evaluation of the Association Between Gastric Acid Suppression and Risk of Intestinal Colonization With Multidrug-Resistant Microorganisms A Systematic Review and Meta-analysis

JAMA Inter Med に報告された、胃酸ブロッカーは、多剤耐性菌のリスク増加と関連していますか?のメタアナ https://jamanetwork.com/journals/jamainternalmedicine/fullarticle/2761273

Pathogens Causing Central-Line-Associated Bloodstream Infections in Acute-Care hospitals-United States, 2011-2017

ICHPに報告された、CDCデータから読み取ったCLBSIの原因菌について。 www.ncbi.nlm.nih.gov

Associations between macrolide antibiotics prescribing during pregnancy and adverse child outcomes in the UK: population based cohort study

BMJに報告された、英国における妊娠中のマクロライド系抗生物質処方と小児の有害転帰との関連について。とても貴重な報告です。 Associations between macrolide antibiotics prescribing during pregnancy and adverse child outcomes in the UK: populatio…

Effect of Vancomycin or Daptomycin With vs Without an Antistaphylococcal β-Lactam on Mortality, Bacteremia, Relapse, or Treatment Failure in Patients With MRSA Bacteremia

JAMAに報告された、MRSA菌血症患者に対し、バンコマイシンまたはダプトマイシン静脈投与による標準治療にβラクタム系抗菌薬を追加投与した研究。 主要エンドポイントは、90日時点における死亡、5日時点の持続性菌血症、微生物学的再発、微生物学的治療失敗の…

Efficacy of early oral switch with beta-lactams for low-risk Staphylococcus aureus bacteremia.

AACからの報告。 switch論文です。 aac.asm.org

Effect of Vitamin C, Hydrocortisone, and Thiamine vs Hydrocortisone Alone on Time Alive and Free of Vasopressor Support Among Patients With Septic Shock: The VITAMINS Randomized Clinical Trial

オーストラリア、ニュージーランド、ブラジルの10施設で実施された、 The VITAMINS Randomized Clinical Trial。 敗血症性ショック患者に対して、ビタミンC+ヒドロコルチゾン+チアミン治療は、ヒドロコルチゾンのみと比較して、7日間の生存期間および昇圧…

Improved Outcomes After Regional Implementation of Sepsis Alert A Novel Triage Model

敗血症における抗菌薬投与タイミングについてのスウェーデン8施設からの報告。 journals.lww.com

Cefazolin and Ertapenem Salvage Therapy Rapidly Clears Persistent Methicillin-Susceptible Staphylococcus aureus Bacteremia

CIDからの報告。 持続性MSSA菌血症の11例に対するセファゾリンとエルタペネムの組み合わせの使用について academic.oup.com

A Randomized, Controlled Trial of Ebola Virus Disease Therapeutics.

NEJMから報告された、エボラに関するRCT (PALM試験) remdesivir ZMapp(モノクローナル抗体3種混合) MAb114(モノクローナル抗体1種) REGN-EB3(モノクローナル抗体3種混合) The primary end point was death at 28 days. www.ncbi.nlm.nih.gov

Oseltamivir plus usual care versus usual care for influenza-like illness in primary care: an open-label, pragmatic, randomised controlled trial

2019年12月 Lancet に報告された、OseltamivirのRCT。 https://www.thelancet.com/journals/lancet/article/PIIS0140-6736(19)32982-4/fulltext

NEJM Journal Watch Infectious Diseases Top Stories of 2019

感想をちょこっと記載します。 NEJM Journal Watch: Summaries of and commentary on original medical and scientific articles from key medical journalsNEJM Journal Watch reviews over 250 scientific and medical jowww.jwatch.org

Time-Series Analysis of Health Care-Associated Infections in a New Hospital With All Private Rooms.

JAMA Inter Med に報告された、「院内感染の発症予防に個室管理が有効か」という題材の論文。このトピック最近流行っていますね。 抄読会で呼吸器内科の先生が取り上げてくれました。 https://jamanetwork.com/journals/jamainternalmedicine/fullarticle/27…

Bictegravir, emtricitabine, and tenofovir alafenamide versus dolutegravir, abacavir, and lamivudine for initial treatment of HIV-1 infection (GS-US-380-1489): a double-blind, multicentre, phase 3, randomised controlled non-inferiority trial.

2017年にLancetで報告された、抗HIV薬による治療経験がない成人HIV-1感染症患者を対象としたGS-US-380-1489試験。 ビクタルビ配合錠群(Bictegravir, emtricitabine, and tenofovir alafenamide)vs ABC/DTG/3TC群。 https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28…

Biomarker-guided antibiotic stewardship in suspected ventilator-associated pneumonia (VAPrapid2): a randomised controlled trial and process evaluation

Lancet Resp Med に報告されたRCT。VAPrapid2。 バイオマーカーガイド抗菌薬治療の研究はやってますね。 今回は、IL-1βおよびIL-8。 https://www.thelancet.com/journals/lanres/article/PIIS2213-2600(19)30367-4/fulltext

Prevention of Early Ventilator-Associated Pneumonia after Cardiac Arrest.

NEJMから、心停止後の早期人工呼吸器関連肺炎予防のRCT。 www.ncbi.nlm.nih.gov

Continuous Versus Intermittent Vancomycin Infusions in Infants: A Randomized Controlled Trial.

Pediatricsに報告された、新生児に対するVCMの持続投与についての2施設RCT。 www.ncbi.nlm.nih.gov

C-Reactive Protein Testing to Guide Antibiotic Prescribing for COPD Exacerbations.

NEJMから報告された、 軽症COPD増悪に対するCRPガイドの抗菌薬使用の非劣勢RCT www.ncbi.nlm.nih.gov