3児の親さん薬剤師のブログ

とある薬剤師です。感染症治療を考える素材をちょこっと提供。noteもあります https://note.com/twin1980

chromebookで論文書いてみた

noteにこんな記事を書きました

note.com

 

実際購入したのは、S330

 

Google Chromebook Lenovo ノートパソコン 14.0型HD液晶 英語キーボード S330
 

 時々2万円を切ることがあります。

 

職場のノートみたいな感じの外見でイケてません。

私はMac派なので特にそのように感じます。

ですが、子供用のエントリー用なのでこれに決めました。

 

noteにも記載しましたが、論文書いてみましたけど
意外といけます。

 

良い点は、

めちゃ安い

Chromebook特徴である起動が早い。

Googleクラウド環境。

起動充電が長い。

 

悪い点は、

この機種はキーボードが光らないので暗闇で作業しずらい。

統計がR系が多く操作が慣れない。

共研究者が対応しづらい

 

良い点、悪い点ありますが

めちゃ安くストレスなく書けるなら全然ありではと思います。

 

 話はそれますが、

絵が好きな小学校2年の娘にはchromebook対応しているペンタブレットも安くて好評でした。

 

Googleは広告ビジネスが中心にありすぎたので

 Chromebook やPixelに力を入れています。

日本企業が、Mac Micro Google に対抗することはかなり困難です。

どのように行けばよいのでしょうか?ブルーオーシャンはどこなのか? 

 

 

 

 

NEJM Journal Watch Infectious Diseases Top Stories of 2020 : The top non–COVID-19 stories

今年も楽しみな J - watchランキング

 

COVID-19以外のランキングを紹介してます。

納得のランキングだと思います。

 

www.jwatch.org

 

FMT

Treating C. difficile Recurrence with Fecal Transplant vs. Antibiotics

想定よりもFMTベッターな結果でした

 

XDR-TB

Novel Three-Drug Regimen for Extensively Drug-Resistant Tuberculosis

 XDR-TBに対するbedaquiline + pretomanid + linezolidの26週経口レジメ。足し算の時代ですね。支持するエビデンスを待ちたいですが、XDR-TBのさらなる進化がもう怖いです。

 

ワクチン

Paying the Price for Undervaccination in New York City

ニューヨークの麻疹アウトブレイク対応には、559人のNYC DOHMHスタッフが関与し推定直接費用は840万ドル出会ったと。ワクチンは重要です。もう一度言います。

ワクチンは重要です。

 

PrEP

On-Demand Preexposure Prophylaxis for Less-Frequent Sexual Intercourse?

sex-driven PrEP is an adequate alternative to daily PrEP

なるほど。こういった引き算は良い研究ですね。

 

PrEP

Emtricitabine/Tenofovir Alafenamide for Preexposure HIV Prophylaxis

PrEP研究多いっすね。

MSMにおいて、FTC / TAFはFTC / TDFより劣っていませんでした(HIV発生率比、0.47; 95%CI、0.19〜1.15)。FTC / TAFは、FTC / TDFよりも骨塩密度の低下が小さく、腎マーカーへの影響がより良好でした。

 

HIV

Fostemsavir, a New Option for Multidrug-Resistant HIV-1

多剤耐性HIVー1に対してfostemsavirの可能性が示唆された検討

 

移植

Prophylactic Antivirals Prevent Donor-to-Recipient Transmission of Hepatitis C Virus After Kidney Transplantation

C型肝炎ウイルスのドナーへの4週前からの予防的抗ウイルス薬は、腎臓移植後のレシピエントへの感染を防ぎます。小規模報告ですが重要な検討。

 

 

Switch

Early De-escalation to Oral Antibiotics in Staphylococcus aureus Bacteremia

低リスクSAB(医療関連感染、72時間以上続く細菌血症なし、感染症協議し深部感染の証拠なし)患者に早期経口スイッチ(14日以内)の可能性を検討した後ろ向き調査。

かなり興味深く、今後プラクティスが変化しそうな結果。前向き試験などの検証を望みます。

 

多剤耐性カンジダ

Multidrug-Resistant Candida auris

介護施設に入居している3名から報告があった多剤耐性C.auris

最初はフルコナゾール耐性、次にアムホテリシンB耐性、その後エキノカンジン耐性を発現。

今は超ウルトラレアですが、今後調査拡大することで発見が増えそうかなと。

アンテナを張るべき。

 

ペニシリンアレルギー

An Approach to Removing Penicillin Allergy Labels

ペニシリンアレルギーとされる患者にアモキシシリン経口チャレンジ

重要薬であるBL投与が難しくなるアレルギーラベルを剥がすチャレンジ賛成です。リスクバランスがまだ難しい印象。慎重ながら進むべき問題

 

 

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版

 

 

Baricitinib plus Remdesivir for Hospitalized Adults with Covid-19

NEJMから報告されたACTT2

https://www.nejm.org/doi/10.1056/NEJMoa2031994

 

感想

 

レムデシビル と バリシチニブ 併用は、 レムデシビル と デキサメタゾン 併用と比べてどうでしょうか?という疑問が浮かびました。

 

 

BACKGROUND

Severe coronavirus disease 2019 (Covid-19) is associated with dysregulated inflammation. The effects of combination treatment with baricitinib, a Janus kinase inhibitor, plus remdesivir are not known.

 

METHODS
We conducted a double-blind, randomized, placebo-controlled trial evaluating baricitinib plus remdesivir in hospitalized adults with Covid-19. All the patients received remdesivir (≤10 days) and either baricitinib (≤14 days) or placebo (control). The primary outcome was the time to recovery. The key secondary outcome was clinical status at day 15.


RESULTS
A total of 1033 patients underwent randomization (with 515 assigned to combination treatment and 518 to control). Patients receiving baricitinib had a median time to recovery of 7 days (95% confidence interval [CI], 6 to 8), as compared with 8 days (95% CI, 7 to 9) with control (rate ratio for recovery, 1.16; 95% CI, 1.01 to 1.32; P=0.03), and a 30% higher odds of improvement in clinical status at day 15 (odds ratio, 1.3; 95% CI, 1.0 to 1.6). Patients receiving high-flow oxygen or noninvasive ventilation at enrollment had a time to recovery of 10 days with combination treatment and 18 days with control (rate ratio for recovery, 1.51; 95% CI, 1.10 to 2.08). The 28-day mortality was 5.1% in the combination group and 7.8% in the control group (hazard ratio for death, 0.65; 95% CI, 0.39 to 1.09). Serious adverse events were less frequent in the combination group than in the control group (16.0% vs. 21.0%; difference, −5.0 percentage points; 95% CI, −9.8 to −0.3; P=0.03), as were new infections (5.9% vs. 11.2%; difference, −5.3 percentage points; 95% CI, −8.7 to −1.9; P=0.003).


CONCLUSIONS
Baricitinib plus remdesivir was superior to remdesivir alone in reducing recovery time and accelerating improvement in clinical status among patients with Covid-19, notably among those receiving high-flow oxygen or noninvasive ventilation. The combination was associated with fewer serious adverse events. (Funded by the National Institute of Allergy and Infectious Diseases; ClinicalTrials.gov number, NCT04401579. opens in new tab.)

 

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版