さまよう薬剤師のブログ

感染症治療を考える素材を提供します。最近は意思決定への応用が関心領域。双子と0歳の育児奮闘中。I have Ph.D. but less sense a ID pharmacist (ICPS). Another face is an investor.

Validation of an Antimicrobial Stewardship Driven Verigene® Blood-Culture Gram-Negative Treatment Algorithm to Improve Appropriateness of Antibiotics

OFIDに報告された、RDTを組み込んだ血液培養グラム陰性治療アルゴリズムの検証

 

academic.oup.com

 

感想

 

早期に外さない治療が予後に関わるので、RDTの存在意義は高まると思う。

そのRDTとアルゴリズムスタディーは興味深い。

アルゴリズムで対応できうるということは、AIに任せることができる世の中になるということ。AIにできない仕事は何か、考える必要がある。

 

なお、アルゴリズムにおいて、耐性ないアシネトに、ABPC/SBT+AMKは、 渋いなと感じました。

 

Abstract


Rapid diagnostic testing (RDT) allows for early adjustment of antibiotic therapy. This study examined the potential impact of a stewardship-driven antibiotic treatment algorithm, incorporating RDT into the management of gram-negative bacteremia. The proposed algorithm would have resulted in 88.4% of cases receiving appropriate antibiotic therapy versus 78.1% by standard of care (p=0.014).

 

f:id:akinohanayuki:20180920053033j:plain