さまよう薬剤師のブログ

学位を持っても、センスのない、感染制御専門薬剤師のブログ.  I have Ph.D. but less sense ID pharmacist.

Journal Club : Alectinib versus Crizotinib in Untreated ALK-Positive Non-Small-Cell Lung Cancer

今週のプレゼンターは、呼吸器内科医です。

2017年6月NEJMに発表された、 ALK陽性 非小細胞がんに対するアレクチニブ vs クリゾチニブの第3相RCT。

www.ncbi.nlm.nih.gov

 

 

 PECO 

 

P : 

patients with previously untreated, advanced ALK-positive NSCLC, including those with asymptomatic CNS disease

E : alectinib (600 mg twice daily) 

C : crizotinib (250 mg twice daily)

O : 

The rate of investigator-assessed progression-free survival was significantly higher with alectinib than with crizotinib (12-month event-free survival rate, 68.4% [95% confidence interval (CI), 61.0 to 75.9] with alectinib vs. 48.7% [95% CI, 40.4 to 56.9] with crizotinib; hazard ratio for disease progression or death, 0.47 [95% CI, 0.34 to 0.65]; P<0.001)

T :  randomized, open-label, phase 3 trial

 

Fig and Tab

 

Figure

 

Figure

f:id:akinohanayuki:20170622214126p:plain

 

Figure

f:id:akinohanayuki:20170622214149p:plain

Figure

 

感想・参加者のコメント

 

Alectinibの圧勝。脳転移も予防する。

 

ブロードであるCrizotini → Alectinib順の治療効果が気になる。

 

 

Alectinibの副作用である筋肉痛は、すこし気持ち悪い。

 

Crizotinibは、ROS1陽性転移性NSCLCとしての使用になるのか。

 

現在、新しいALK阻害薬が開発中であり、確変期である。