読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

akinohanayuki日記

自分が興味あることを書いています. 主に感染領域. 二次利用は自己責任でお願いします. 博士(薬学). 感染制御専門薬剤師.

Antibiotic treatment strategies for community-acquired pneumonia in adults.

CAP-START  : Antibiotic treatment strategies for community-acquired pneumonia in adults.

www.ncbi.nlm.nih.gov

2015年NEJMに報告された、オランダ7施設による成人の市中肺炎に対する抗菌薬治療戦略.

 90 日死亡率に関して,βラクタム戦略の,βラクタム+マクロライド戦略およびフルオロキノロン戦略に対する非劣性を検証する目的で,この 3 戦略を 4 ヵ月ごとに替えてゆくクラスター無作為化クロスオーバー試験

 

 

 

P : 

Patients 18 years of age or older with clinically suspected CAP who required antibiotic treatment and hospitalization in a non-ICU ward were eligible for the study

E and C : 

During consecutive periods of 4 months,

beta-lactam monotherapy,

beta-lactam with a macrolide,

fluoroquinolone monotherapy

     was used as the preferred empirical treatment for eligible patients.  

O : 

Crude 90-day mortality was 9.0% (59 patients), 11.1% (82 patients), and 8.8% (78 patients), respectively, during these strategy periods.

ITT analysis, the risk of death was higher by 1.9 percentage points (90% confidence interval [CI], -0.6 to 4.4) with the beta-lactam-macrolide strategy than with the beta-lactam strategy and lower by 0.6 percentage points (90% CI, -2.8 to 1.9) with the fluoroquinolone strategy than with the beta-lactam strategy.

 

T : cluster-randomized, crossover trial, noninferiority

 

f:id:akinohanayuki:20170514061030p:plain

f:id:akinohanayuki:20170514061154p:plain

f:id:akinohanayuki:20170514061039p:plain

f:id:akinohanayuki:20170514061209p:plain

f:id:akinohanayuki:20170514061225p:plain

 

感想

 

non-ICUにおいて、beta-lactam monotherapyが他の2群と比べ非劣勢であったことに、ほっとした試験。

ICUにおいては、beta-lactam with a macrolide選択であろうと思いますが、non-ICUにおいては、単剤が非劣勢であったことは、重要な結果です。

 

トライアルデザインをシンプルにして欲しかったです。

オランダ(MRSAが極端に少ない)なので、日本に適応できるかは慎重な検討が必要。

肺炎球菌ワクチン接種も少ないですね。

beta-lactam monotherapyのざっくり感(第3世代セフェムも含む)も気になる。

 

そういえば、オランダもCRP確認しているのですね。