akinohanayuki ブログ

学位を持っても、センスのない、感染制御専門薬剤師のブログ.  I have Ph.D. but less sense ID pharmacist.

ジカ熱ってなんだ

蚊に関する感染症の講義依頼が来たが、
知識少ないので、UpToDate などから勉強をしなければ…
 
ジカ熱は、性行為でも感染する厄介な感染症と言われています。
 

 

蚊媒介感染症の診療ガイドライン3版
 
主な蚊媒介感染症であるデング熱チクングニア熱及びジカウイルス感染症は、ともに、 発熱と全身の発疹を特徴とし、同じ種類の蚊(ヤブ蚊属:Aedes spp.)によって媒介される 感染症である。いずれもアフリカを起源とするが、近年では、アジア、中南米を中心に流行している。我が国においては主に海外からの輸入感染症としてみられたが、デング熱に関しては 2014 年に国内感染例が報告された。これらの蚊媒介感染症に関しては、国内においては有効なワクチンが存在せず、予防には蚊に刺されないようにする防蚊対策が重要である。
 
海外でデング熱チクングニア熱及びジカウイルス感染症を媒介する蚊は、主にネッタイシマカ(Aedes aegypti) とヒトスジシマカ(Aedes albopictus)などのヤブ蚊属(Aedes spp.)であるが、日本にはネッタイシマカは常在しておらず、媒介蚊はヒトスジシマカである。日本においてヒトスジシマカ5 月中旬~10 月下旬に活動し(南西諸島の活動期間は これよりも長い)、冬季に成虫は存在しない。ヒトスジシマカは 2015 年時点で、本州(秋 田県及び岩手県以南)から四国、九州、沖縄、小笠原諸島まで広く分布している。
 
ジカウイルスは、1947 年にウガンダのジカ森林のアカゲザルから初めて分離された。ジ カウイルス感染症の患者はアフリカとアジアで散発していたが、近年、南太平洋地域及び 中南米を中心に流行が拡大している。
 
アフリカ、アジアのこれまでのジカウイルス 感染症流行地以外では、2007年にはミクロネシア連邦のヤップ島での流行、2013年にはフ ランス領ポリネシアで約 1 万人の感染者が報告された。2014 年にはチリのイースター島、 2015 年には中央および南アメリカ大陸、カリブ海地域、南太平洋地域等でも流行し、流行地が拡大している。
 
一方、本邦においては、2013 年、2014 年に仏領ポリネシア及び タイで感染して、日本に入国後発症した輸入症例が 3 例確認された。
2016 年 2 月に感染症法上の 4 類感染症に指定され、以後 2016 年 7 月 11 日までに 7 例の輸入症例が報告され ている。
 
また、経胎盤及び経産道感染による事例、輸血 や性行為を介した感染事 例が他国において報告されている。
 
ジカウイルス感染による小頭症については、流行国・ 地域で発生が報告されている他、流行地に渡航した妊婦から生まれた児での小頭症症例が、 米国、スロベニア、スペインなど、非流行地においても報告されている。
 
 
 
UpToDate 
 

Outbreaks of Zika virus infection, caused by an emerging mosquito-borne flavivirus, have occurred in Africa, Southeast Asia, and the Pacific Islands; currently, there is an ongoing Zika virus outbreak in the Americas. Zika virus is transmitted to humans via the bite of an infected Aedes mosquito. This type of mosquito usually bites during the daytime and breeds in standing water (particularly manmade containers). 

 
Clinical manifestations of Zika virus infection include acute onset of low-grade fever with maculopapular pruritic rash, arthralgia (notably small joints of hands and feet), or conjunctivitis (nonpurulent); clinical illness is consistent with Zika virus disease if two or more of these symptoms are present. Zika virus infection has also been associated with congenital microcephaly, fetal loss, and Guillain-Barré syndrome. 
 
The incubation period between mosquito bite and onset of clinical manifestations is typically 2 to 14 days. The illness is usually mild; clinical manifestations usually resolve within two to seven days. Asymptomatic infection is common; symptoms develop in 20 to 25 percent of individuals who become infected with Zika virus. Once a person has been infected, he or she is likely to be protected from future infections. 
 
The diagnosis of Zika virus infection should be suspected in individuals with typical clinical manifestations and relevant epidemiologic exposure (residence in or travel to an area where mosquito-borne transmission of Zika virus infection has been reported, or unprotected sexual contact with a person who meets these criteria). 
 
The diagnosis of Zika virus infection is established via real-time reverse-transcription polymerase chain reaction (rRT-PCR) testing for Zika viral RNA (in serum or urine) or serology. The approach to diagnostic testing depends on the timing of presentation after onset of symptoms. 
 
There is no specific treatment for Zika virus infection and there is no vaccine for prevention. Management consists of symptomatic treatment. Preventive measures include personal protective measures to prevent mosquito bites and institution of measures to eliminate and control mosquito breeding sites. 
 
Sexual transmission of Zika virus has been described. In all areas, men or women with Zika virus infection or exposure (via travel to mosquito transmission areas or sexual contact) who have a pregnant partner should abstain from unprotected sex for the duration of the pregnancy. Within areas of Zika virus mosquito transmission, it is prudent for individuals to abstain from sexual activity (vaginal, anal, and oral sex) or use barrier protection while active transmission persists.
 
●Outside areas of Zika virus mosquito transmission, guidance for couples in which one or both partners have Zika virus infection or exposure include the following
 
•Men with symptomatic Zika virus infection (confirmed or suspected) should wait at least six months after onset of illness before unprotected sex.
•Women with symptomatic Zika virus infection (confirmed or suspected) should wait at least eight weeks after onset of illness before unprotected sex.
•Asymptomatic men and women with Zika virus exposure should wait at least eight weeks after Zika virus exposure before unprotected sex.
 
 
Euro Surveill. 2014; 19
  • Two cases of Zika fever imported from French Polynesia to Japan, December 2013 to January 2014. 
 
N Engl J Med. 2016;374(16):1552.
 
Ann Intern Med. 2016;165(3):175.
  • The Emergence of Zika Virus: A Narrative Review.
N Engl J Med. 2016;374(10):951.
  • Zika Virus Associated with Microcephaly.
 
N Engl J Med. 2009 Jun;360(24):2536-43.
  • Zika virus outbreak on Yap Island, Federated States of Micronesia.
 
N Engl J Med. 2016;374(22):2142.
  • Zika Virus Infection with Prolonged Maternal Viremia and Fetal Brain Abnormalities.

Lancet. 2016;387(10027):1531.
  • Guillain-BarréSyndrome outbreak associated with Zika virus infection in French Polynesia: a case-control study.