さまよう薬剤師のブログ

学位を持っても、センスのない、感染制御専門薬剤師のブログ.  I have Ph.D. but less sense ID pharmacist.

ST と ブドウ球菌 と RCT

ふりかえりました。


昔々
からある

「Trimethoprim/Sulfamethoxazole 」

最近

Trimethoprim/Sulfamethoxazole は、Stenotrophomonas maltophilia 感染症や男性における急性単純性膀胱炎や腎盂腎炎に使用が再注目されています。

ある日のこと

H-MRSA患者に、Trimethoprim/Sulfamethoxazole は使用できるか内科医に相談されました。

そんなわけで

ガイドライン確認するも、C-MRSA以外では推奨されていませんでした。

そんなわけで

Pubmed ざざっとハンドサーチ。
3個RCTがありました。
以下ちらっと

そして、3つわかりました。

Trimethoprim-sulfamethoxazoleは、

1.MRSA感染症に対して、リファンピシンと併用すると、リネゾリドと同等かもしれない。
2.重症MRSA感染症に対して、高用量Trimethoprim-sulfamethoxazoleであっても、VCM にかなわないだろう。
3.MSSAに対しても、VCMにかなわないだろう。

MRSA薬としてセンターポジションは難しいが、併用薬として、可能性が広がっているかもしれませんでした。


1.MRSA infection. 
LZD ≒ TMP-SMZ + リファンピシン  2015
トリメトプリム/スルファメトキサゾールとリファンピシンは、リネゾリドと比較し、MRSA感染症治療におけて非劣性であった。

J. Antimicrob. Chemother. 2015 Jan; 70(1):264-72.
Randomized non-inferiority trial to compare trimethoprim/sulfamethoxazole plus rifampicin versus linezolid for the treatment of MRSA infection.
P
Adult patients with various types of MRSA infection
E
Trimethoprim/sulfamethoxazole (160 mg/800 mg three times daily) plus rifampicin (600 mg once a day) 
C
 Linezolid (600 mg twice a day) alone
ITT analysis. Of these 56/75 (74.7%) in the linezolid group and 59/75 (78.7%) in the trimethoprim/sulfamethoxazole and rifampicin group experienced clinical success (risk difference 4%, 95% CI -9.7% to 17.6%).
PP analysis, with 54/66 (81.8%) cured patients in the linezolid group versus 52/59 (88.1%) in the trimethoprim/sulfamethoxazole and rifampicin group (risk difference 6.3%, 95% CI -6.8% to 19.2%).
Randomized, open-label, single-centre, non-inferiority trial comparing 

2.  重症MRSA感染症. VCM > TMP-SMZ  2015
重症MRSA感染症の治療に対する、高用量トリメトプリム - スルファメトキサゾールは、バンコマイシンと比較して、非劣性を達成できませんでした

BMJ 2015.:h2219.
Trimethoprim-sulfamethoxazole versus vancomycin for severe infections caused by meticillin resistant Staphylococcus aureus: randomised controlled trial.
P
Adults with severe infections caused by MRSA susceptible
Patients with left sided endocarditis, meningitis, chronic haemodialysis, and prolonged neutropenia were excluded.
E
Trimethoprim-sulfamethoxazole 320 mg/1600 mg twice daily 
C
vancomycin 1 g twice daily
minimum of seven days and then by indication.
O
The 30 day mortality rate 
14/41 (34%) treated with trimethoprim-sulfamethoxazole and 9/50 (18%) with vancomycin died (risk ratio 1.90, 0.92 to 3.93)
T
Parallel, open label, randomised controlled trial

3. S. aureus . VCM > TMP-SMZ     1992
ブドウ球菌感染症バンコマイシンは、有効性及び安全性にTMP-SMZに優れています。しかし、すべての治療失敗は、MSSA感染患者でした。したがって、TMP-SMZは、MRSA感染症治療においてバンコマイシンの代替となりえる

Ann Intern Med. 1 September 1992,117(5):390-398
Trimethoprim-Sulfamethoxazole Compared with Vancomycin for the Treatment of Staphylococcus aureus Infection
P
One hundred and one intravenous drug users hospitalized with S. aureus infection.
E
sulfamethoxazole (TMP-SMZ) 
C
vancomycin
O
Infections were cured in 57 of 58 vancomycin recipients and in 37 of 43 TMP-SMZ recipients (P less than 0.02). 
T
Randomized, double-blind comparative trial.