さまよう薬剤師のブログ

学位を持っても、センスのない、感染制御専門薬剤師のブログ.  I have Ph.D. but less sense ID pharmacist.

ASP評価 review (Antibiotics 2016, 5(1), 5)

Antibiotics 2016, 5(1), 5

A Review of Quality Measures for Assessing the Impact of Antimicrobial Stewardship Programs in Hospitals

Free

Pubmedにも検索されない雑誌で私も知りませんでしたが、ASP報告が多いfree雑誌だと友人に教えて頂きました。

緩めの見やすいReviewが、先日報告されたので、少し抜粋します。
詳細や引用文献は論文をご覧下さい。

名もないオープンアクセス誌のReviewは、コアジャーナルで扱わない、ニッチ内容で勉強になることも多いですね。


1.  ASPとお金

f:id:akinohanayuki:20160128070735j:image

f:id:akinohanayuki:20160128070745j:image

ASPによって、抗菌薬費用は減ることが多いです。このreviewでは、21論文を抽出して報告してます。
多くの論文にかけている事項は、
意思決定者の設定は?
入院費や人件費や耐性菌対策費用など「すべての費用」が減るのか?


2. ASPとpatient outcome

f:id:akinohanayuki:20160128071952j:image

f:id:akinohanayuki:20160128071957j:image

outcomeとして、入院期間、再入院率、死亡率を取り上げており、このreviewでは、13論文抽出してます。
13論文中6論文が死亡率に差がなかったと報告してます。また入院期間短縮は、6論文が報告してます。
ASPは、長期計画なので、短期的に結果が出にくい印象です。