akinohanayuki ブログ

学位を持っても、センスのない、感染制御専門薬剤師のブログ.  I have Ph.D. but less sense ID pharmacist.

感染症を学びたい薬剤師向けの教科書

 4月は、新人も入り、心機一転の時期

 様々な人から、

感染症を勉強したいけど、おすすめの教科書を教えて!

 なんて、ご質問を多く頂きます。

 

 私の知識は微々たる塵のようで恥ずかしいのですが、とても勉強になった参考書などをご紹介します。

 

1. 

日本の感染症教科書といえば、この本!圧倒的1冊。

帯にもありますが、熱、白血球、CRPから開放できると感染症が面白くなる一歩となります。むしろ、読んでないとモグリんの称号を得る事ができます。

私評 : ビートルズ的一冊 アビイ・ロード(紙ジャケット仕様)

 

2.

まっさらな初心者には、理解辛いですが、上記のレジデントの感染症診療マニュアルなどで、知識を得た後に読むと、とても楽しい本です。薬剤師にファンが多い一冊。

私評 : ジョージハリスン的一冊  オール・シングス・マスト・パス

 

3.

出版されてから少し時間がたちましたが、かゆい所に手が届きます。

内容は臨床に直結する項目が多く、分かりやすく力強いです。

私評 : ハッピーエンド的一冊 風街ろまん

 

その他

第3版として強化された一冊。

認定試験や専門試験も多くはここから出されています。

質は玉石混合ですが、一通り学べます。


私が、「はまっている」のがこちら

志水先生の診断戦略

副作用確認や感染症治療を主治医とともに考える時に、方向性がすっきりしてきます。

診断戦略: 診断力向上のためのアートとサイエンス

診断戦略: 診断力向上のためのアートとサイエンス