3児の親さん薬剤師のブログ

とある薬剤師です。感染症治療を考える素材をちょこっと提供。https://note.mu/twin1980。

Effect of carbapenem resistance on outcomes of bloodstream infection caused by Enterobacteriaceae in low-income and middle-income countries (PANORAMA): a multinational prospective cohort study

LIDから報告されたPANORAMA試験。 新興国における、カルバペネム耐性腸内細菌BSIのアウトカムについて。 https://www.thelancet.com/journals/laninf/article/PIIS1473-3099(18)30792-8/fulltext

Incidence of Acute Kidney Injury Among Critically Ill Patients With Brief Empiric Use of Antipseudomonal β-Lactams With Vancomycin

CIDに報告された、重症患者に対する、24時間以上72時間使用した、 抗緑膿菌薬+VCMによるAKIを調査した後ろ向き論文。 academic.oup.com

Rates, Predictors and Mortality of Community-Onset Bloodstream Infections due to Pseudomonas aeruginosa: Systematic Review and Meta-Analysis.

CMIに報告された、CO-BSIのメタアナ www.sciencedirect.com

Open-Label Randomized Trial of Early Clinical Outcomes of Ceftaroline Fosamil Versus Vancomycin for the Treatment of Acute Bacterial Skin and Skin Structure Infections at Risk of Methicillin-Resistant Staphylococcus aureus

皮膚・軟部組織感染に対する Ceftaroline vs VCM RCT primary outcome Early Clinical Response [ Time Frame: 48 to 72 hours after initiation of study drug ] Reduction of lesion size from baseline of at least 20% Ceftaroline 600 mg IV (over 1 ho…

A Trial of a Shorter Regimen for Rifampin-Resistant Tuberculosis

NEJMに報告された、リファンピン耐性結核に対するより短期のレジメンのRCT : STREAM。 非劣勢 P3。 フルオロキノロン系とアミノグリコシド系に感受性を示すリファンピン耐性結核患者を対象 高用量のモキシフロキサシンを含む短期レジメン(9~11 ヵ月)を受…

Cefazolin versus anti-staphylococcal penicillins for the treatment of patients with Staphylococcus aureus bacteremia: a systematic review and meta-analysis

CMIに報告されたメタアナ、SABに対すCEZ vs anti-staph penicillin。 The primary endpoint was 90-day all-cause mortality. (RR 0.71 [0.50, 1.02], low quality of evidence). Cefazolin treatment may be associated with lower 30-day mortality rates …

Decolonization to Reduce Postdischarge Infection Risk among MRSA Carriers

2月にNEJMで報告されたCLEAR trial。 MRSA 保菌者を対象に,退院後の衛生教育と,退院後の衛生教育+除菌を比較してます。 除菌は,クロルヘキシジンによる口腔洗浄,クロルヘキシジンを用いた入浴またはシャワー浴,ムピロシンの鼻腔内塗布を 5 日間,月 2 …

Use of ribaxamase (SYN-004), a β-lactamase, to prevent Clostridium difficile infection in β-lactam-treated patients: a double-blind, phase 2b, randomised placebo-controlled trial

LIDに報告された、CDI予防薬のribaxamaseについてのplacebo RCT P2 www.sciencedirect.com

Fosfomycin for injection (ZTI-01) vs Piperacillin-Tazobactam (PIP-TAZ) for the Treatment of Complicated Urinary Tract Infection (cUTI) Including Acute Pyelonephritis (AP): ZEUS, A Phase 2/3 Randomized Trial

CIDから報告された、ZEUS trial RCT 非劣勢 Phase 2/3 ZTI-016 g ZTI-01 (IV fosfomycin) intravenously administered every 8 hours (18g total daily dose for 7-14 calendar days) piperacillin tazobactam4.5 g piperacillin/tazobactam (4 g piperacill…

Risk factors and outcomes associated with hospital-onset peripheral intravenous catheter-associated Staphylococcus aureus bacteremia

OFIDに報告された、537床の地域病院における、抹消カテSABの発生率や背景などを調査したレトロ-ケースコントロール研究。 PVC placed in the antecubital area (OR 11.9, 95% CI (1.5, 95.7); P=0.02). PVC duration > four days (OR 4.0, 95% CI (1.1, 15.2…

Next-Generation Sequencing of Infectious Pathogens

JAMAに掲載された、Next-Generation Sequencing of Infectious Pathogens。 期待される分野です。 https://jamanetwork.com/journals/jama/fullarticle/2725407

Once-Daily Plazomicin for Complicated Urinary Tract Infections

NEJMに報告された、EPIC study。 cUTIに対するPlazomicinのP3 RCT。 非劣性マージンは 15パーセント。途中スイッチ可能デザイン。 Plazomicin vs MEPM PlazomicinPatients received 15 milligrams per kilogram (mg/kg) plazomicin as an intravenous (IV) i…

Azithromycin and metronidazole versus metronidazole-based therapy for the induction of remission in mild to moderate paediatric Crohn's disease : a randomised controlled trial.

Gutに報告された、P4 RCT。 小児クローン病に対する、 Azithromycin + Metronidazole vs Metronidazole 主評価 response defined by a decrease in PCDAI>12.5 remission using intention to treat analysis www.ncbi.nlm.nih.gov

Omadacycline for Acute Bacterial Skin and Skin-Structure Infections

NEJMに報告された、OASIS-1 study。 皮膚・皮膚組織感染症に対する、 omadacycline vs linezolid P3 RCT。 主要評価項目は、48〜72時間における早期臨床反応とされ。これはレスキュー抗菌薬なしで、少なくとも20%の病変サイズ縮小を伴う生存と定義。 3日後…

Omadacycline for Community-Acquired Bacterial Pneumonia

NEJMに報告された、OPTIC。 市中肺炎に対するOmadacycline vs moxifloxacin P3 RCT。 3日後から内服スイッチ。 主要評価項目は,早期の臨床反応。生存しており、4つの症状(咳、痰、胸痛、呼吸困難)のうち少なくとも2つの改善。 非劣性マージンは 10パーセ…

Oral versus Intravenous Antibiotics for Bone and Joint Infection

NEJMに報告された、OVIVA。 骨・関節感染症に対する経口 vs 静注 抗菌薬 RCT。 主要評価項目は,無作為化後 1 年以内の明らかな治療失敗。 非劣性マージンは 7.5 パーセント。 https://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMoa1710926

Efficacy and Safety of IV-to-Oral Lefamulin, a Pleuromutilin Antibiotic, for Treatment of Community-Acquired Bacterial Pneumonia: The Phase 3 LEAP 1 Trial

CIDから報告された、LEAP。 CAPに対する Lefamulin vs moxifloxacin の P3 RCT。 非劣勢マージン12.5と10% The US FDA primary endpoint was early clinical response (ECR) 96±24 hours after the first dose of study drug in the intent-to-treat (ITT) p…

Cadazolid for the treatment of Clostridium difficile infection: results of two double-blind, placebo-controlled, non-inferiority, randomised phase 3 trials

LIDからP3 RCT Patients received either oral cadazolid 250 mg twice daily with vancomycin-matching placebo capsule four times daily or oral vancomycin 125 mg four times a day with cadazolid-matching placebo suspension twice daily for 10 day…

Association of 30-Day Mortality With Oral Step-Down vs Continued Intravenous Therapy in Patients Hospitalized With Enterobacteriaceae Bacteremia

JAMA Inter Med に報告された、腸内細菌による菌血症に対する経口薬スイッチについてのコホート研究。 https://jamanetwork.com/journals/jamainternalmedicine/article-abstract/2720756?utm_source=twitter&utm_campaign=content-shareicons&utm_content=a…

2018年の感染症治療におけるRCT まとめ

RCT

感染系ジャーナルも増え、私のような素人も国際誌にアクセプトされる無秩序な分散型時代となった。集中権力型から分散型は時代だが、研究純度が減っている気がするというか、無秩序なゆえ大部分のキャッチアップが不可能。 その中、せめてRCTはキャッチアッ…

Seven versus fourteen Days of Antibiotic Therapy for uncomplicated Gram-negative Bacteremia: a Non-inferiority Randomized Controlled Trial.

2018年にCIDで報告されたRCT。 話題になりました。地味ですが、臨床インパクトあるRCT。

A five-day course of oral antibiotics followed by faecal transplantation to eradicate carriage of multidrug-resistant Enterobacteriaceae: A Randomized Clinical Trial

RCT

CMIから報告された少人数RCT no intervention [control] 5-day course of oral antibiotics (colistin sulphate 2 M IU 4x/day; neomycin sulphate 500mg 4x/day) followed by frozen FMT https://www.clinicalmicrobiologyandinfection.com/article/S1198-7…

正月に読み返したビジネス本

正月は読書でした。 2018年はポートフォリオについて考えてました。 これは、仕事も投資もです。 正月休暇に、ポートフォリオについて考えたきっかけのビジネス書を、 読み返そうと思いました。 今の住まいにライブラリーがあり、newspicks本の比重が大きい…

インフルエンザ 治療 RCT (2016-2018) 振り返る

インフルエンザシーズンなので、 2016からの有名なインフルエンザRCT論文をピックアップ。

2018年くりかえし読みたい薬剤師本

2018年も終わりに近づいています。 今年は、AST関連のシンポジスト、PD-1のWeb講演など細々とこなしました。 引っ越しもあり、慌ただしくて十分読書できなかった年ですが、振り返ります。

IGNITE4: Results of a Phase 3, Randomized, Multicenter, Prospective Trial of Eravacycline vs. Meropenem in the Treatment of Complicated Intra-Abdominal Infections

CIDから報告された、cIAIに対するRCT P3。 academic.oup.com

Impact of a Prescriber-driven Antibiotic Time-out on Antibiotic Use in Hospitalized Patients

CIDに報告された、ATO研究 academic.oup.com

Combination of aspirin plus macrolides in patients with severe community-acquired pneumonia: a hypothesis-generating study

重症CAPに対するアスピリン+マクロライドの可能性を示したaacからの論文 aac.asm.org

Procalcitonin-guided antibiotic therapy in patients with fever in a general emergency department population: a multicentre non-inferiority randomized clinical trial (HiTEMP study)

CMIに報告された、一般救急部における発熱患者におけるプロカルシトニンガイド抗菌薬治療。HiTEMP study。 https://www.clinicalmicrobiologyandinfection.com/article/S1198-743X(18)30442-7/fulltext

Safety and Side Effects of Rifampin versus Isoniazid in Children.

夏にNEJMで報告された、小児に対するリファンピシン4mo vs イソニアジド9mo RCT www.ncbi.nlm.nih.gov