さまよう薬剤師のブログ

学位を持っても、センスのない、感染制御専門薬剤師のブログ.  I have Ph.D. but less sense ID pharmacist. Another face is an investor.

new drug

A Comparison of the Efficacy and Safety of Intravenous Followed by Oral Delafloxacin With Vancomycin Plus Aztreonam for the Treatment of Acute Bacterial Skin and Skin Structure Infections: A Phase 3, Multinational, Double-Blind, Randomized Study

CIDに報告された、急性細菌性皮膚・皮膚組織感染症(ABSSSI)に対する、P3。 delafloxacin 300 mg IV every 12 hours for 3 days with a switch to 450 mg oral delafloxacin vancomycin 15 mg/kg IV with aztreonam for 5–14 days academic.oup.com

CARBAPENEMS

薬理学の講義にむけて、カルバペネムの基本を復習 note イミペネムは、 髄膜炎に使用すべきでない。 メロペネムは、細菌性髄膜炎(3ヶ月以上の小児患者)および腹腔内感染症の治療に有用である。 エルタペネムは、半減期が長く1日1回投与できる。髄膜炎デー…

Delafloxacin: A New Anti-MRSA Fluoroquinolone.

おっと、anti-MRSA キノロン www.ncbi.nlm.nih.gov

Ceftazidime/avibactam, Meropenem/vaborbactam or both? Clinical and formulary considerations.

CIDに報告された、CREに対するCeftazidime/avibactamとMeropenem/vaborbactamに関する考え方。 www.ncbi.nlm.nih.gov

A phase 3 randomized double-blind comparison of ceftobiprole medocaril versus ceftazidime plus linezolid for the treatment of hospital-acquired pneumonia.

2014年 CIDで報告された、Phase 3 を振り返り。 最近、Ceftobiproleが気になってました。

Effect of Meropenem-Vaborbactam vs Piperacillin-Tazobactam on Clinical Cure or Improvement and Microbial Eradication in Complicated Urinary Tract Infection: The TANGO I Randomized Clinical Trial.

2018年2月にJAMAに発表された、TANGO I trial. んー TAZ/PIPC 4.5 x 3、30分と比べて、非劣勢。 起炎菌の耐性状況は、微妙。 10年後、日常的に使用していない事を祈りたい。