さまよう薬剤師のブログ

学位を持っても、センスのない、感染制御専門薬剤師のブログ.  I have Ph.D. but less sense ID pharmacist.

Pharmacy

川崎病の治療

川崎病の治療治療について、復習です。ワクチン間隔への影響は考えていませんでした。不勉強でした。当院、小児医のパール新生児に対してヴェノグロブリンIHやポリグロビンは、効果鋭いため、解熱が強すぎる問題もありベニロンは、効果切れが悪い分、使いや…

川崎病とは?(一般向け)

川崎病とは?医療従事者以外の方向けのUpToDateを引用して解説します。川崎病はKDと略し、小児科を有する病院で良く見られる疾患です。私の娘も治療中です。そして、人ー人感染はなく、原因不明です。症状は、下記の通り多様であり、冠動脈瘤などの合併症を…

川崎病と心血管合併症

川崎病と心血管合併症マネジメントは、極めて重要です。2歳の次女にCAAs (サイズ不明) が認められており、治療反応性を祈るのみです。自分はKDに対して知識不足のため、一から学びます。UpToDate より引用Cardiovascular complications are the major cause …

川崎病の特徴

2歳の娘が川崎病と診断されました。早期発見でしたが、1ヶ月程度の入院予定出来ることは全力を尽くします。UpToDate よりKawasaki disease (KD, also called mucocutaneous lymph node syndrome) is one of the most common vasculitides of childhood. KD o…

A Randomized Trial of Intensive versus Standard Blood-Pressure Control

この研究は、素晴らしいです。しかし、ポリファーマシーに難しく影響します… 以下、荒削りPECO http://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMoa1511939 A Randomized Trial of Intensive versus Standard Blood-Pressure Control Article Tools The SPRINT Res…

Acquired LQTS

危険因子など復習です。UpToDate より引用Acquired LQTS usually results from drug therapy, hypokalemia, and/or hypomagnesemia .Some patients with acquired LQTS have an underlying "forme fruste" of congenital LQTS. Torsades de pointes (TdP) i…

SGLT2阻害薬の復習

Empagliflozinが、大きなインパクトを出しました。詳細は以前のブログにて…http://akinohanayuki.hatenablog.com/entry/2015/09/18/060858そこで、SGLT2阻害薬の復習をSGLT2阻害薬のkey word (ここが知りたい糖尿病ハンドブックver2より引用)尿糖排泄体重減…

第57回医療薬学公開シンポジウム

9/19 東京理科大で行われた、公開シンポジウムに行って来ました。勉強になりました。http://www.jsphcs.jp/nenkai/cont/s57.pdf印象として倫理の重要性が増している。臨床思考になってきている。しかし、代替アウトカム中心。これからの10年は、真のアウトカ…

NEJNからEmpagliflozin

今週の学生discussion予定の論文カンファレンスで学生から内科医や循環器に紹介します。これは、プラクティスが変わる予感…でも、良すぎる結果は慎重にEmpagliflozin, Cardiovascular Outcomes, and Mortality in Type 2 DiabetesMMS: ErrorDiabetes Drug Re…

平成25年度改定 薬学教育モデルコアカリキュラムと実務実習

本日から実習生が来ます。「傍観者になるな」をテーマに実習を進めたいと思います。先日、渋谷で認定実務実習指導薬剤師養成講習会講座 カ を受講しました。更新に必要な講座ですが、正直期待していませんでした…しかし、予想より楽しく良かったです。マンネ…

急性腎障害マネジメント

時々遭遇 AKI医師から原因薬剤や使用量の相談も多い疾患敗血症ショック > 副作用 の私イメージバンコマイシンやゲンタマイシンによって、敗血症解除につながり、腎機能改善する体験の方が多いです。UpToDate で復習Acute kidney injury (AKI) is an abrupt d…

NSAIDsの副作用

副作用シリーズ 痛み止めは多く使われ過ぎて、副作用への意識が低くなりがちですね。 そこで復習しましょう。 本日のUpToDateより引用 最初に Gastrointestinal, neurologic, renal, and allergic effects of non-aspirin nonsteroidal antiinflammatory dru…

副作用ってなんだ?

薬剤師は、副作用の予防や早期発見に寄与することが望まれています。副作用は多岐にわたり、診断学の知識がない薬剤師にとって、副作用の発見はとても難しい事案です。Up To Dateの患者向け資料から復習What are side effects? Side effects are unintended …

原因不明の好中球減少

外科医より相談術後好中球減少し、1週間でほぼゼロに原因となり得る薬剤中止の提案以外は難しく復習しました軽度なものは良く見るので、確認する必要性は高いです以下 UpToDateより引用定義Neutropenia is defined as an absolute neutrophil count (ANC) <1…

肺塞栓の初期治療

ちょくちょく出会う…肺塞栓症若いころ当直中に研修医の先生と議論した想い出が蘇ります…最近仲間内で話題なので、UpToDateを引用して初期投与を整理してみたいです。初期投与We recommend parenteral anticoagulation in patients with confirmed acute pulm…

高齢者の薬物治療を考える

学生には、ポリファーマシーを常に意識すべしと目を光らせています高齢者の問題は根深く、社会的問題もありますそこで、難しいのですが、復習してみましょう…UpToDateより引用はじめにThe possibility of an adverse drug event (ADE) should always be born…

アレルギー クームス分類

岩田健太郎先生 著抗菌薬の考え方、使い方ver3 引用アレルギーup to date での理解が難しい…抗菌薬治療において悩めるアレルギー基本のきほんを確認クームス分類タイプ1: アナフィラキシー 死亡率 10% IgE→マストや好塩基球→ヒスタミン ペニシリンでは、10万…

術前後での血糖コントロール

周術期への薬剤師の関与について学生とdiscussionとても素晴らしい参考書である糖尿病ハンドブック ver2. 161頁より引用1 目標 A1c <72 延期空腹時血糖値 >200 食後血糖値>300 ケトン 陽性3 術前確認糖尿病の病型羅病期間治療内容空腹時血糖、食後血糖値、尿…

胆汁うっ滞時のかゆみ

消化器の先生からご相談 Up to date で復習、 要点を以下引用します。 Intrahepatic cholestasis of pregnancy – 100 percent (pruritus is a prerequisite for making the diagnosis) Primary biliary cirrhosis – up to 80 percent by 10 years Primary sc…

[復習]拡張期心不全の治療

拡張期心不全の治療についてですね。毎度ながら、Up To Date (本日) を再度確認。 In patients with diastolic heart failure (DHF), certain types of hemodynamic stress including atrial fibrillation; tachycardia; abrupt, severe, or refractory elev…

[復習]拡張期心不全の病態生理

Up To Date (本日) まとめより Diastolic dysfunction and diastolic heart failure (DHF) are not synonymous. The term DHF is reserved for patients with clinical HF, in the setting of a normal or near-normal ejection fraction (EF), and abnormal…

[復習]心不全の疫学と原因

今年度は循環器を担当することになりました。 心不全の難しさを毎日痛感しています。 まずは、Up To Date の 「Epidemiology and causes of heart failure」のまとめを復習です。 The worldwide magnitude of the heart failure (HF) problem cannot be asse…

アムロジピンのちょこっと復習

新人薬剤師が入り、少しずつ知識upに力を入れて行きます。 薬学部は、薬理学に力をいれる一方、EBM教育が弱いと思います。 薬剤師の現場は、薬理知識だけでなくEBM知識が必要となり、これらの知識が患者さんにフィットできうるか医師と伴に悩む必要性があり…

ELITE

J-CLEAR(臨床研究適正評価教育機構) 桑島先生の「エビデンスの正しい解釈法」動画を、視聴して ELITEとELITEⅡをしりました。とても興味深い内容でした。 サブ解析で浮かれてしまう気持ちも分かりますが、冷静に考える必要性がありますね。 ELITE試験 Randomi…