さまよう薬剤師のブログ

感染症治療を考える素材を提供します。最近は意思決定への応用が関心領域。双子と0歳の育児奮闘中。I have Ph.D. but less sense a ID pharmacist (ICPS). Another face is an investor.

NEJM

A Trial of a Shorter Regimen for Rifampin-Resistant Tuberculosis

NEJMに報告された、リファンピン耐性結核に対するより短期のレジメンのRCT : STREAM。 非劣勢 P3。 フルオロキノロン系とアミノグリコシド系に感受性を示すリファンピン耐性結核患者を対象 高用量のモキシフロキサシンを含む短期レジメン(9~11 ヵ月)を受…

Decolonization to Reduce Postdischarge Infection Risk among MRSA Carriers

2月にNEJMで報告されたCLEAR trial。 MRSA 保菌者を対象に,退院後の衛生教育と,退院後の衛生教育+除菌を比較してます。 除菌は,クロルヘキシジンによる口腔洗浄,クロルヘキシジンを用いた入浴またはシャワー浴,ムピロシンの鼻腔内塗布を 5 日間,月 2 …

Once-Daily Plazomicin for Complicated Urinary Tract Infections

NEJMに報告された、EPIC study。 cUTIに対するPlazomicinのP3 RCT。 非劣性マージンは 15パーセント。途中スイッチ可能デザイン。 Plazomicin vs MEPM PlazomicinPatients received 15 milligrams per kilogram (mg/kg) plazomicin as an intravenous (IV) i…

Omadacycline for Acute Bacterial Skin and Skin-Structure Infections

NEJMに報告された、OASIS-1 study。 皮膚・皮膚組織感染症に対する、 omadacycline vs linezolid P3 RCT。 主要評価項目は、48〜72時間における早期臨床反応とされ。これはレスキュー抗菌薬なしで、少なくとも20%の病変サイズ縮小を伴う生存と定義。 3日後…

Omadacycline for Community-Acquired Bacterial Pneumonia

NEJMに報告された、OPTIC。 市中肺炎に対するOmadacycline vs moxifloxacin P3 RCT。 3日後から内服スイッチ。 主要評価項目は,早期の臨床反応。生存しており、4つの症状(咳、痰、胸痛、呼吸困難)のうち少なくとも2つの改善。 非劣性マージンは 10パーセ…

Oral versus Intravenous Antibiotics for Bone and Joint Infection

NEJMに報告された、OVIVA。 骨・関節感染症に対する経口 vs 静注 抗菌薬 RCT。 主要評価項目は,無作為化後 1 年以内の明らかな治療失敗。 非劣性マージンは 7.5 パーセント。 https://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMoa1710926

インフルエンザ 治療 RCT (2016-2018) 振り返る

インフルエンザシーズンなので、 2016からの有名なインフルエンザRCT論文をピックアップ。

Safety and Side Effects of Rifampin versus Isoniazid in Children.

夏にNEJMで報告された、小児に対するリファンピシン4mo vs イソニアジド9mo RCT www.ncbi.nlm.nih.gov

IDweek 2018 : Top 10 Influential Publications in Antimicrobial Stewardship

Top 10 Influential Publications in Antimicrobial Stewardship 2017-2018における重要論文 を紹介していました。

Four Months of Rifampin or Nine Months of Isoniazid for Latent Tuberculosis in Adults.

NEJMに報告された、潜在性結核に対するRCT/非劣勢。 www.ncbi.nlm.nih.gov

A Step Forward in the Treatment of Influenza

baloxavir論文 に対する Editorial https://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMe1810815

Partial Oral versus Intravenous Antibiotic Treatment of Endocarditis

NEJMに報告された、POET trial 。 デンマークにおける、IEに対する経口 vs 注射 RCT。 www.ncbi.nlm.nih.gov

The Surviving Sepsis Campaign: A Rush to Judgment

8/6に報告された、NEJM Journal WatchのSepsis Campaign記事。 www.jwatch.org

Do Probiotics Prevent C. difficile-Associated Diarrhea in Patients receiving Antibiotics?

Cochrane Database Syst rev 2017 Dec 19; 12:CD006095. (https://doi.org/10.1002/14651858.CD006095.pub4) についての NEJM JW. 感想 プロバイオ有用かも。 子供のNNT20。 Probiotics should not be given to patients who are immunocompromised, are pre…

Procalcitonin-Guided Use of Antibiotics for Lower Respiratory Tract Infection

NEJMに報告された、下気道感染に対するプロカルチンを指標とした抗菌薬投与 https://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMoa1802670

Durvalumab after Chemoradiotherapy in Stage III Non-Small-Cell Lung Cancer.

Journal Club プレゼンターは、薬学実習生です。論文も学生が選択しました。 durvalumabは、FDAがブレークスルー・セラピーに指定したPD-L1抗体です。 尿路上皮がんに対する報告 https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28817753 が有名です。 今回は、2コース…

First-Line Nivolumab in Stage IV or Recurrent Non-Small-Cell Lung Cancer.

プレゼンターは、呼吸器内科のボス。 2017年NEJMに発表された、IV 期または再発性の非小細胞肺癌に対する第一選択薬としてのニボルマブの報告。ネガティブスタディー。

Time to Treatment and Mortality during Mandated Emergency Care for Sepsis

今週のJournal Clubプレゼンターは、専門看護師です。 2017年6月 NEJMに発表された、ニューヨーク州におけるSepsis バンドル(3hour bundle : lactate、血培、抗菌薬投与)の有用性の報告。

Journal Club : Alectinib versus Crizotinib in Untreated ALK-Positive Non-Small-Cell Lung Cancer

今週のプレゼンターは、呼吸器内科医です。 2017年6月NEJMに発表された、 ALK陽性 非小細胞がんに対するアレクチニブ vs クリゾチニブの第3相RCT。 www.ncbi.nlm.nih.gov

SOLO I : Single-dose oritavancin in the treatment of acute bacterial skin infections.

SOLO I : Single-dose oritavancin in the treatment of acute bacterial skin infections. www.ncbi.nlm.nih.gov 2014年 NEJMに報告された、急性細菌性皮膚/皮膚組織感染症に対するoritavancinとvancomycinを比較したRCT。

Journal Club : MODIFY I and MODIFY II ; Bezlotoxumab for Prevention of Recurrent Clostridium difficile Infection

Journal Club : Bezlotoxumab for Prevention of Recurrent Clostridium difficile Infection. MODIFY I and MODIFY II 今週のプレゼンターは、感染症看護専門看護師 2017年1月NEJMに報告された、日本を含む30カ国322施設におけるC. difficile の初感染また…

Antibiotic treatment strategies for community-acquired pneumonia in adults.

CAP-START : Antibiotic treatment strategies for community-acquired pneumonia in adults. www.ncbi.nlm.nih.gov 2015年NEJMに報告された、オランダ7施設による成人の市中肺炎に対する抗菌薬治療戦略.

Simvastatin in the acute respiratory distress syndrome

Simvastatin in the acute respiratory distress syndrome www.ncbi.nlm.nih.gov 2014年NEJMに報告された、英国40施設ICUによるARDSに対するスタチンRCT。

Clindamycin versus trimethoprim-sulfamethoxazole for uncomplicated skin infections

Clindamycin versus trimethoprim-sulfamethoxazole for uncomplicated skin infections. www.ncbi.nlm.nih.gov 2015年NEJMに報告された、米国4施設による単純性皮膚感染症に対するRCT。 クラシカルなSTとクリンダマイシン比較。

Trimethoprim-Sulfamethoxazole versus Placebo for Uncomplicated Skin Abscess.

Trimethoprim-Sulfamethoxazole versus Placebo for Uncomplicated Skin Abscess. www.ncbi.nlm.nih.gov 2016年NEJMに報告された、米国5施設による単純性皮膚膿瘍に対するRCT。 クラシカルなSTのプラセボ比較。

Journal Club : Olanzapine for the Prevention of Chemotherapy-Induced Nausea and Vomiting

今週は呼吸器内科の先生がプレゼンターでした。 Olanzapine for the Prevention of Chemotherapy-Induced Nausea and Vomiting N Engl J Med 2016; 375:134-142 http://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMoa1515725

Journal Club : Pembrolizumab as Second-Line Therapy for Advanced Urothelial Carcinoma

Journal Club 毎週水曜日 呼吸器内科・代謝内科・専門看護師のみなさまと開催 ・この論文を取り上げた理由 PD-1は、20年に1度のパラダイムシフト薬であり、当院においてもレジメン選択に困る尿路上皮癌に対する論文であったため。標準はGC療法だが、腎機能低…

A Randomized Trial of Intensive versus Standard Blood-Pressure Control

この研究は、素晴らしいです。しかし、ポリファーマシーに難しく影響します… 以下、荒削りPECO http://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMoa1511939 A Randomized Trial of Intensive versus Standard Blood-Pressure Control Article Tools The SPRINT Res…