さまよう薬剤師のブログ

学位を持っても、センスのない、感染制御専門薬剤師のブログ.  I have Ph.D. but less sense ID pharmacist.

NEJM

First-Line Nivolumab in Stage IV or Recurrent Non-Small-Cell Lung Cancer.

プレゼンターは、呼吸器内科のボス。 2017年NEJMに発表された、IV 期または再発性の非小細胞肺癌に対する第一選択薬としてのニボルマブの報告。ネガティブスタディー。

Time to Treatment and Mortality during Mandated Emergency Care for Sepsis

今週のJournal Clubプレゼンターは、専門看護師です。 2017年6月 NEJMに発表された、ニューヨーク州におけるSepsis バンドル(3hour bundle : lactate、血培、抗菌薬投与)の有用性の報告。

Journal Club : Alectinib versus Crizotinib in Untreated ALK-Positive Non-Small-Cell Lung Cancer

今週のプレゼンターは、呼吸器内科医です。 2017年6月NEJMに発表された、 ALK陽性 非小細胞がんに対するアレクチニブ vs クリゾチニブの第3相RCT。 www.ncbi.nlm.nih.gov

SOLO I : Single-dose oritavancin in the treatment of acute bacterial skin infections.

SOLO I : Single-dose oritavancin in the treatment of acute bacterial skin infections. www.ncbi.nlm.nih.gov 2014年 NEJMに報告された、急性細菌性皮膚/皮膚組織感染症に対するoritavancinとvancomycinを比較したRCT。

Journal Club : MODIFY I and MODIFY II ; Bezlotoxumab for Prevention of Recurrent Clostridium difficile Infection

Journal Club : Bezlotoxumab for Prevention of Recurrent Clostridium difficile Infection. MODIFY I and MODIFY II 今週のプレゼンターは、感染症看護専門看護師 2017年1月NEJMに報告された、日本を含む30カ国322施設におけるC. difficile の初感染また…

Antibiotic treatment strategies for community-acquired pneumonia in adults.

CAP-START : Antibiotic treatment strategies for community-acquired pneumonia in adults. www.ncbi.nlm.nih.gov 2015年NEJMに報告された、オランダ7施設による成人の市中肺炎に対する抗菌薬治療戦略.

Simvastatin in the acute respiratory distress syndrome

Simvastatin in the acute respiratory distress syndrome www.ncbi.nlm.nih.gov 2014年NEJMに報告された、英国40施設ICUによるARDSに対するスタチンRCT。

Clindamycin versus trimethoprim-sulfamethoxazole for uncomplicated skin infections

Clindamycin versus trimethoprim-sulfamethoxazole for uncomplicated skin infections. www.ncbi.nlm.nih.gov 2015年NEJMに報告された、米国4施設による単純性皮膚感染症に対するRCT。 クラシカルなSTとクリンダマイシン比較。

Trimethoprim-Sulfamethoxazole versus Placebo for Uncomplicated Skin Abscess.

Trimethoprim-Sulfamethoxazole versus Placebo for Uncomplicated Skin Abscess. www.ncbi.nlm.nih.gov 2016年NEJMに報告された、米国5施設による単純性皮膚膿瘍に対するRCT。 クラシカルなSTのプラセボ比較。

Journal Club : Olanzapine for the Prevention of Chemotherapy-Induced Nausea and Vomiting

今週は呼吸器内科の先生がプレゼンターでした。 Olanzapine for the Prevention of Chemotherapy-Induced Nausea and Vomiting N Engl J Med 2016; 375:134-142 http://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMoa1515725

Journal Club : Pembrolizumab as Second-Line Therapy for Advanced Urothelial Carcinoma

Journal Club 毎週水曜日 呼吸器内科・代謝内科・専門看護師のみなさまと開催 ・この論文を取り上げた理由 PD-1は、20年に1度のパラダイムシフト薬であり、当院においてもレジメン選択に困る尿路上皮癌に対する論文であったため。標準はGC療法だが、腎機能低…

A Randomized Trial of Intensive versus Standard Blood-Pressure Control

この研究は、素晴らしいです。しかし、ポリファーマシーに難しく影響します… 以下、荒削りPECO http://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMoa1511939 A Randomized Trial of Intensive versus Standard Blood-Pressure Control Article Tools The SPRINT Res…