さまよう薬剤師のブログ

学位を持っても、センスのない、感染制御専門薬剤師のブログ.  I have Ph.D. but less sense ID pharmacist.

Combination therapy

Oseltamivir, amantadine, and ribavirin combination antiviral therapy versus oseltamivir monotherapy for the treatment of influenza: a multicentre, double-blind, randomised phase 2 trial

LIDに発表されたインフルエンザ治療のPⅡ。 combination of oseltamivir, amantadine, and ribavirin VS oseltamivir http://www.thelancet.com/journals/laninf/article/PIIS1473-3099(17)30476-0/fulltext

Bactericidal and synergistic activity of double-carbapenem regimen for infections caused by carbapenemase-producing Klebsiella pneumoniae.

2016年 CMI に発表された、CP-KPに対するダブルカルバペネム療法のvitro検討。

Clinical failure with and without empiric atypical bacteria coverage in hospitalized adults with community-acquired pneumonia: a systematic review and meta-analysis.

2017年 6月 BMC Infect Dis に発表された、CAPに対するエンピリック非定型カバーの有無におけるClinical failure のsystematic review と meta-analysis。

Double carbapenem as a rescue strategy for the treatment of severe carbapenemase-producing Klebsiella pneumoniae infections: a two-center, matched case–control study

2017年 7月 Critical Care に発表された、イタリア2施設で行われた CP-KPに対するダブルカルバペネム療法 vs 標準治療のケースコントロール研究。

β-Lactam monotherapy vs β-lactam-macrolide combination treatment in moderately severe community-acquired pneumonia: a randomized noninferiority trial

2014年 JAMA Intern Med に発表された、スウェーデン6施設で行われた 中症度CAPに対するβラクタム単剤治療とβラクタム+マクロライド併用治療の7日における臨床的安定性を確認した、非劣勢オープンラベルRCT。

Narrow-spectrum ß-lactam monotherapy in hospital treatment of community-acquired pneumonia: a register-based cohort study

2017年 4月 (Epub 2016年12月) CMI に発表された、スウェーデンで行われた CAPに対する狭域スペクトルベータラクタム単剤治療のコホート研究

Colistin and rifampicin compared with colistin alone for the treatment of serious infections due to extensively drug-resistant Acinetobacter baumannii: a multicenter, randomized clinical trial.

Colistin and rifampicin compared with colistin alone for the treatment of serious infections due to extensively drug-resistant Acinetobacter baumannii: a multicenter, randomized clinical trial. www.ncbi.nlm.nih.gov 2013年CIDに報告された、…

Effect of appropriate combination therapy on mortality of patients with bloodstream infections due to carbapenemase-producing Enterobacteriaceae (INCREMENT): a retrospective cohort study

Effect of appropriate combination therapy on mortality of patients with bloodstream infections due to carbapenemase-producing Enterobacteriaceae (INCREMENT): a retrospective cohort study. www.ncbi.nlm.nih.gov 2017年4月 Lancet Infect Dis に…

KPC,MBLs,NDM-1 感染症の治療法って?

多剤耐性菌感染患者の治療戦略をどうするか? 来るであろう未来に向けて、現時点の知識を復習。今後のエビデンスが強く求められる分野です。 KPC MBLs NDM-1

緑膿菌感染症治療まとめ

緑膿菌感染症の振り返りシリーズ 原則を再考します。 ざっくりとまとめると アンチバイオ必要 重症なら抗緑膿菌薬コンビネーション考慮 待てるなら単剤 MDRP 感染症に対しては、データ限られているが、"Colistin plus rifampin"のようなコンビネーションを考…

MRSA感染症に対する併用療法

勝手にMRSA強化週間最近の報告として…Nature Chemical Biology (2015)http://www.nature.com/nchembio/journal/vaop/ncurrent/full/nchembio.1911.htmlトリプル β-lactam コンビネーション!「triple β-lactam combination meropenem-piperacillin-tazobacta…