さまよう薬剤師のブログ

学位を持っても、センスのない、感染制御専門薬剤師のブログ.  I have Ph.D. but less sense ID pharmacist.

Cancer

Hair Repigmentation During Immunotherapy Treatment With an Anti-Programmed Cell Death 1 and Anti-Programmed Cell Death Ligand 1 Agent for Lung Cancer.

Journal Club 学生が担当 最近話題の免疫療法による毛髪の色素沈着についてのBrief Reportです。 https://jamanetwork.com/journals/jamadermatology/article-abstract/2642914

Dacomitinib versus gefitinib as first-line treatment for patients with EGFR-mutation-positive non-small-cell lung cancer (ARCHER 1050): a randomised, open-label, phase 3 trial

担当は薬学実習生。2nd Generation DacomitinibについてのPIII試験です。 www.ncbi.nlm.nih.gov

Durvalumab after Chemoradiotherapy in Stage III Non-Small-Cell Lung Cancer.

Journal Club プレゼンターは、薬学実習生です。論文も学生が選択しました。 durvalumabは、FDAがブレークスルー・セラピーに指定したPD-L1抗体です。 尿路上皮がんに対する報告 https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28817753 が有名です。 今回は、2コース…

A Higher Proportion of the EGFR T790M Mutation May Contribute to the Better Survival of Patients with Exon 19 Deletions Compared with Those with L858R.

Journal Club プレゼンターは、呼吸器内科医です。 2017年 に発表された、肺がんにおけるT790M変異と生存の関係性を確認した報告。

Dabrafenib in patients with BRAF(V600E)-positive advanced non-small-cell lung cancer: a single-arm, multicentre, open-label, phase 2 trial.

9月からJournal Club再開です。 プレゼンターは、呼吸器内科医です。 2016年 Lancet Oncolに発表された、BRAFV600E変異陽性のstageⅣNSCLC患者に対する、dabrafenibとtrametinibの2剤併用のphase 2.

First-Line Nivolumab in Stage IV or Recurrent Non-Small-Cell Lung Cancer.

プレゼンターは、呼吸器内科のボス。 2017年NEJMに発表された、IV 期または再発性の非小細胞肺癌に対する第一選択薬としてのニボルマブの報告。ネガティブスタディー。

Incidence of pneumonitis with use of PD-1 and PD-L1 inhibitors in non-small cell lung cancer: A Systematic Review and Meta-analysis of trials

Journal Club 今週のプレゼンターは私です。 2017年CHESTに報告された、 非小細胞肺がんに対するPD-1とPD-L1阻害薬における肺臓炎の違いについてのメタアナ。 この論文を選択した理由は、3つです。 1. PD-1とPD-L1阻害薬の副作用対策はどちらも同様で良いの…

Multicenter, Phase III, Randomized, Double-Blind, Placebo-Controlled Trial of Pravastatin Added to First-Line Standard Chemotherapy in Small-Cell Lung Cancer (LUNGSTAR).

今週のJournal Clubプレゼンターは、前回と異なる薬学部5年生です! 2017年5月 JCOに発表された、SCLCにおけるプラバスタチン+プラチナ+エトポシドとプラセボ+プラチナ+エトポシドを比較した、英国 Phase 3。

Journal Club : Alectinib versus Crizotinib in Untreated ALK-Positive Non-Small-Cell Lung Cancer

今週のプレゼンターは、呼吸器内科医です。 2017年6月NEJMに発表された、 ALK陽性 非小細胞がんに対するアレクチニブ vs クリゾチニブの第3相RCT。 www.ncbi.nlm.nih.gov

Journal Club : Pneumonitis in Patients Treated With Anti-Programmed Death-1/Programmed Death Ligand 1 Therapy.

Journal Club : Pneumonitis in Patients Treated With Anti-Programmed Death-1/Programmed Death Ligand 1 Therapy www.ncbi.nlm.nih.gov 今週のプレゼンターは、呼吸器内科のボスです。 2017年3月JCOに発表された、2カ国2施設における抗PD-1/PD-L1抗体の…

Journal Club : A phase II randomized double-blind placebo-controlled study of 6-gingerol as an anti-emetic in solid tumor patients receiving moderately to highly emetogenic chemotherapy.

Journal Club : A phase II randomized double-blind placebo-controlled study of 6-gingerol as an anti-emetic in solid tumor patients receiving moderately to highly emetogenic chemotherapy. www.ncbi.nlm.nih.gov 今週のプレゼンターは、私です。 …

Journal Club : SALTO ; Randomised phase III trial of S-1 versus capecitabine in the first-line treatment of metastatic colorectal cancer: SALTO study by the Dutch Colorectal Cancer Group.

Journal Club : SALTO ; Randomised phase III trial of S-1 versus capecitabine in the first-line treatment of metastatic colorectal cancer: SALTO study by the Dutch Colorectal Cancer Group. www.ncbi.nlm.nih.gov 今週のプレゼンターは、薬学部5…

Journal Club : Brigatinib in Patients With Crizotinib-Refractory Anaplastic Lymphoma Kinase-Positive Non-Small-Cell Lung Cancer: A Randomized, Multicenter Phase II Trial. ALTA trial

Journal Club : Brigatinib in Patients With Crizotinib-Refractory Anaplastic Lymphoma Kinase-Positive Non-Small-Cell Lung Cancer: A Randomized, Multicenter Phase II Trial. www.ncbi.nlm.nih.gov 今週のプレゼンターは、呼吸器内科医 2017年JCOに…

Journal Club : Prophylactic cranial irradiation versus observation in patients with extensive-disease small-cell lung cancer: a multicentre, randomised, open-label, phase 3 trial

プレゼンターは呼吸器内科の先生 Journal Club : Prophylactic cranial irradiation versus observation in patients with extensive-disease small-cell lung cancer: a multicentre, randomised, open-label, phase 3 trial www.ncbi.nlm.nih.gov

ノート : irAE 神経内科領域勉強会

某有名がん専門病院で、irAE 神経内科領域の勉強会に参加 勉強会の内容をメモ。

Journal Club : Olanzapine for the Prevention of Chemotherapy-Induced Nausea and Vomiting

今週は呼吸器内科の先生がプレゼンターでした。 Olanzapine for the Prevention of Chemotherapy-Induced Nausea and Vomiting N Engl J Med 2016; 375:134-142 http://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMoa1515725

Journal Club : Pembrolizumab as Second-Line Therapy for Advanced Urothelial Carcinoma

Journal Club 毎週水曜日 呼吸器内科・代謝内科・専門看護師のみなさまと開催 ・この論文を取り上げた理由 PD-1は、20年に1度のパラダイムシフト薬であり、当院においてもレジメン選択に困る尿路上皮癌に対する論文であったため。標準はGC療法だが、腎機能低…