さまよう薬剤師のブログ

学位を持っても、センスのない、感染制御専門薬剤師のブログ.  I have Ph.D. but less sense ID pharmacist.

Antibiotic resistance

Double carbapenem as a rescue strategy for the treatment of severe carbapenemase-producing Klebsiella pneumoniae infections: a two-center, matched case–control study

2017年 7月 Critical Care に発表された、イタリア2施設で行われた CP-KPに対するダブルカルバペネム療法 vs 標準治療のケースコントロール研究。

Antibiotic Resistance in Acne Treatment.

2017年 6月 JAMA Dermatolに発表された、ニキビと薬剤耐性のClinical Review & Education。 www.ncbi.nlm.nih.gov

Decolonization of intestinal carriage of extended-spectrum β-lactamase-producing Enterobacteriaceae with oral colistin and neomycin: a randomized, double-blind, placebo-controlled trial.

Decolonization of intestinal carriage of extended-spectrum β-lactamase-producing Enterobacteriaceae with oral colistin and neomycin: a randomized, double-blind, placebo-controlled trial. www.ncbi.nlm.nih.gov 2013年JACに報告された、スイス単…

Effect of antibiotic stewardship on the incidence of infection and colonisation with antibiotic-resistant bacteria and Clostridium difficile infection: a systematic review and meta-analysis

Effect of antibiotic stewardship on the incidence of infection and colonisation with antibiotic-resistant bacteria and Clostridium difficile infection: a systematic review and meta-analysis http://www.thelancet.com/journals/laninf/article/…

Colistin and rifampicin compared with colistin alone for the treatment of serious infections due to extensively drug-resistant Acinetobacter baumannii: a multicenter, randomized clinical trial.

Colistin and rifampicin compared with colistin alone for the treatment of serious infections due to extensively drug-resistant Acinetobacter baumannii: a multicenter, randomized clinical trial. www.ncbi.nlm.nih.gov 2013年CIDに報告された、…

Effect of appropriate combination therapy on mortality of patients with bloodstream infections due to carbapenemase-producing Enterobacteriaceae (INCREMENT): a retrospective cohort study

Effect of appropriate combination therapy on mortality of patients with bloodstream infections due to carbapenemase-producing Enterobacteriaceae (INCREMENT): a retrospective cohort study. www.ncbi.nlm.nih.gov 2017年4月 Lancet Infect Dis に…

CAMERA : Combination of Vancomycin and β-Lactam Therapy for Methicillin-Resistant Staphylococcus aureus Bacteremia: A Pilot Multicenter Randomized Controlled Trial.

CAMERA study Combination of Vancomycin and β-Lactam Therapy for Methicillin-Resistant Staphylococcus aureus Bacteremia: A Pilot Multicenter Randomized Controlled Trial. オーストラリア7施設によるMRSA菌血症に対する併用療法パイロットRCT 新薬…

Trimethoprim-sulfamethoxazole versus vancomycin for severe infections caused by meticillin resistant Staphylococcus aureus: randomised controlled trial.

Trimethoprim-sulfamethoxazole versus vancomycin for severe infections caused by meticillin resistant Staphylococcus aureus: randomised controlled trial. www.ncbi.nlm.nih.gov 2015年に報告された、イスラエルのRCT 重症MRSA感染患者に対する、ST …

The Use of Noncarbapenem β-Lactams for the Treatment of Extended-Spectrum β-Lactamase Infections

The Use of Noncarbapenem β-Lactams for the Treatment of Extended-Spectrum β-Lactamase Infections Clin Infect Dis (2017) 64 (7): 972-980. https://academic.oup.com/cid/article-abstract/64/7/972/2957271/The-Use-of-Noncarbapenem-Lactams-for-th…

Comparative effectiveness of beta-lactams versus vancomycin for treatment of methicillin-susceptible Staphylococcus aureus bloodstream infections among 122 hospitals.

少し古いCID論文を復習。 目的は、より良いMSSA菌血症治療を目指してプラクティスを見直しのためです。 CID 2015 Aug 1;61(3):361-7. doi: 10.1093/cid/civ308. Epub 2015 Apr 21. Comparative effectiveness of beta-lactams versus vancomycin for treatme…

腸球菌の耐性って?

時々、ニュースとなる腸球菌 先日も友人から相談受けました… Up To Date などから基本を復習です ちな、Vancomycin-dependent enterococci (VDE) という単語知りませんでした。

Acinetobacter infection

Acinetobacter 遭遇すると ヒヤリ Acinetobacter 耐性やだな…Acinetobacter アウトブレイクで報道あるある… Acinetobacter polymyxinsの出番もあるかも…Acinetobacter UpToDate

colistin

日本生まれ colistin 現代の最終兵器 colistin でも耐性菌いるよ colistin 耐性菌どうなる⁉︎ 世界がビビる colistin 尿MDRP 保菌患者の侵襲高い尿路手術にコリスチン予防投与必要性を、紹介先の大学病院 (自施設で手術嫌だとの理由で紹介…)、尊敬する感染症…

methicillin-resistant Staphylococcus aureus (MRSA) microbiology, Prevention and control

宿敵 MRSA 治療は大変 MRSA 制御の基本を守ろう MRSA 制御して戦わずに勝つ MRSA UpToDate

Extended-spectrum beta-lactamases (ESBLs)

Extended-spectrum beta-lactamases (ESBLs) 落ち着いる時、セファマイシン ESBLs 推せるよ セフェピム ESBLs やばい時、カルバペネム ESBLs まだまだ推せない、Piperacillin-tazobactam UTIの経口オプション、Fosfomycin UpToDate

MRSA bacteremia, osteomyelitis

決して甘くない MRSA bacteremia 基本はバンコマイシン MRSA bacteremia コンビネーションはイマイチ MRSA bacteremia UpToDate

Colistin 復習してみよう

私の病院において、コリスチン使用経験ないです。 新棟建築時、コリスチン輸入した事あります。 MDRPやMDRAによる重症感染症を想定する必要があり、代表薬であるコリスチンを復習。 以下 UpToDate とハンドサーチより 詳細は、一次資料をご覧ください。 UpTo…

ESBLs UTI 菌血症。しかし即帰宅したい症例

後輩が対応した症例超高齢不穏あり、呼吸 np、血圧np食欲あり、発熱なし、側腹痛あり尿路カテなし家族は強く退院希望複数の血液培養、尿 : ESBLs E.coli主治医「状態落ち着いているので経口薬を選択したい。早期退院目指したい」どうしますか?症状落ち着き…

KPC,MBLs,NDM-1 感染症の治療法って?

多剤耐性菌感染患者の治療戦略をどうするか? 来るであろう未来に向けて、現時点の知識を復習。今後のエビデンスが強く求められる分野です。 KPC MBLs NDM-1

ESBLs 治療まとめ

ESBLs を疑う敗血症に対して カルバペネム ◎ セフェピム 高用量 ◯ ゾシン △ なお、敗血症以外で重症でなければ CMZ △ 尿路関連感染で重症でなければ FOM △ と私のチームは考えています. 論文増えてる旬な分野なので、注視していきたいですね. UpToDate より

緑膿菌感染症治療まとめ

緑膿菌感染症の振り返りシリーズ 原則を再考します。 ざっくりとまとめると アンチバイオ必要 重症なら抗緑膿菌薬コンビネーション考慮 待てるなら単剤 MDRP 感染症に対しては、データ限られているが、"Colistin plus rifampin"のようなコンビネーションを考…

VISAの治療って?

当院は、VISAやVRE検出が年1例もありませんでした。(検査科報告を信じると…。悪魔の証明になるので、VISAやVREが絶対いないとは断言できません。)よって、MRSA感染症に対して、VCMから使用してます。なお、リネゾリドの期限が切れそうです。単なる地域病院で…

MRSA 治療薬 meta-analysis など

良いも悪いも有名なMRSA 治療薬 meta-analysis などをザックリ粗整理 時々、復習なお、当院はVCM 100% です他の抗MRSA薬は、購入ルートありますが3年くらい購入ないですLancet Infect Dis 2005 Sep; 5(9):581-9.Continuous versus intermittent intravenous …

MRSA治療 RCT まとめ

ちょっとした演題に向けてMRSA治療の代表的RCTを大雑把に整理します。最近は皮膚感染関連が多いですね。JAMA. 1998;279(19):1537.Role of rifampin for treatment of orthopedic implant-related staphylococcal infections: a randomized controlled trial.…

侵襲MRSA感染症の治療

年末だからこそB to BMRSA 時々 復習●We suggest initial antibiotic management of methicillin-resistant Staphylococcus aureus (MRSA) bacteremia with intravenous vancomycin or daptomycin (Grade 2C). ●Persistent bacteremia may be due to a colle…

大腸菌キノロン耐性

当院の、大腸菌キノロン耐性は徐々に上昇外部環境による影響が強く我々の力で抑えることが難しいのか?マクロ環境として、PEST分析をさらさらP : WHOから耐性菌驚異について、各国政府に対策を強化するように求めている。日本政府は、耐性菌のサーベイランス…

侵襲的MRSA感染症の治療

今回もこのテーマ毎月復習してますよね。UpToDate よりWe suggest initial antibiotic management of methicillin-resistant Staphylococcus aureus (MRSA) bacteremia with intravenous vancomycin or daptomycin (Grade 2C).Persistent bacteremia may be …

AmpC を考える

エンテロバクタ属の菌血症など悩みどころです。以前、グラム陰性桿菌の菌血症や耐性について、ブログに記載しました。グラム陰性桿菌の菌血症 - akinohanayukiの日記 〜 common diseaseと薬学を中心に〜Inactivation by a bacterial enzyme - akinohanayuki…

Extended-spectrum beta-lactamases (ESBLs)

耐性菌 シリーズ 一旦、整理しないと難しい耐性菌 まずは、ESBLsの復習 しばし、私は以下のスタンスで考えてます。 カルバペネム ◯ セフェピム △ ゾシン △ キノロン △×× アミノグリコシド × UpToDate より引用

Inactivation by a bacterial enzyme

耐性菌についても復習CREとか、厄介な今日この頃基礎的知識もつけて、秋冬乗り切る以下 UpToDate より引用まとめEnterobacter, indole-positive Proteus, Serratia, and Citrobacter produce an inducible chromosomal beta-lactamase that may be difficult…

VCM以外の抗MRSA抗VRE薬

MRSA復習週間当院はVCMがほとんど抗菌薬の採用整備中…UpToDate より引用様々な抗菌薬ありますね。厳密な使い分けが、必要な時がいつ来るのかDAPTOMYCINDaptomycin is a bactericidal cyclic lipopeptide with lipophilic tail that inserts itself into the …

成人のMRSA感染制御

勝手にMRSA復習週間守りの感染は知識不足と認識してます。一般常識まで引き上げたいです。せめて、Antibiotic stewardshipの貢献は頑張ります。UpToDate より引用Basic infection prevention principles include attention to careful hand hygiene and adhe…

MRSA感染症に対する併用療法

勝手にMRSA強化週間最近の報告として…Nature Chemical Biology (2015)http://www.nature.com/nchembio/journal/vaop/ncurrent/full/nchembio.1911.htmlトリプル β-lactam コンビネーション!「triple β-lactam combination meropenem-piperacillin-tazobacta…

MRSA 微生物学 復習

MRSA振り返り週間理解を深め、強敵であるMRSAに挑む以下、UpToDate よりShortly after the introduction of methicillin in 1959, isolates resistant to this agent were reported. Outbreaks of methicillin-resistant Staphylococcus aureus (MRSA) infec…

MRSA感染症の疫学

MRSA見つめ直し週間知識を少しでも深めて患者さんに還元しなければ…疫学をUpToDate から引用し復習Healthcare-associated methicillin-resistant Staphylococcus aureus (HA-MRSA) is associated with severe, invasive disease in hospitalized patients.C…

抗MRSA薬の種類は?

当院は、VCM99%とLZD1%です。尊敬する先生の大学病院はVCMのみと聞きました。我が国にない薬剤も多いですが、NEJMやJAMAに報告された試験も多く要確認が必要です。そこで、抗MRSA薬を簡単に復習してみたいと思います。UpToDate より引用Vancomycin Vancomyci…

MRSA肺炎

確定診断難しくおそらくMRSA肺炎だったと思われる患者さんは今まで少なかったです。肺炎球菌による肺炎後の肺炎であれば疑いますが、初期からMRSA肺炎と考える事は難しいです。知り合いの呼吸器医師は抗MRSA薬使用し良くなればMRSA肺炎だったと考えるなど、…

成人のMRSA感染症の治療

血液培養からGPCがでるとぞっとします…しかし、その後の基本プラクティスがいけてないと…さらにぞっとします。薬剤師は傍観者にならず積極的に参加しないといけない時代。再び、UpToDate より引用し復習treatment of invasive methicillin-resistant S. aure…

グラム陰性桿菌の菌血症

当院は、血液培養の採取後プロセス強化が課題です。いけてない現状打破に向けて、少しずつ強化します。グラム陰性桿菌の場合は、血液培養の陰性確認の必要性は薄いかな⁉︎陽性菌の場合は必須ですが。まずはグラム陰性桿菌による菌血症の復習Enterobacter cloa…

ESBLs 産生 E.coliによる前立腺炎の治療

相談を受けて、抗菌薬選択を迷いました。 まず、前立腺炎の一般的な話 Up To Date (2015/04/17) より引用