さまよう薬剤師のブログ

学位を持っても、センスのない、感染制御専門薬剤師のブログ.  I have Ph.D. but less sense ID pharmacist.

ASP

腸球菌の耐性って?

時々、ニュースとなる腸球菌 先日も友人から相談受けました… Up To Date などから基本を復習です ちな、Vancomycin-dependent enterococci (VDE) という単語知りませんでした。

細菌性髄膜炎

ASP

おやっと遭遇する 細菌性髄膜炎 今日も遭遇しました。 ステロイド、抗菌薬の併用、髄糖、血糖など、確認事項が多いですよね。 復習です。 UpToDate

小児 マイコプラズマ肺炎

ASP

知人の高校生が発熱と呼吸苦で入院 マイコプラズマ肺炎を復習です まずは、肺結核を除外することが重要 UpToDate

敗血症性関節炎

ASP

時々遭遇 とっても厄介 今回も基本振り返りましょう UpToDate

ジカ熱ってなんだ

ASP

蚊に関する感染症の講義依頼が来たが、 知識少ないので、UpToDate などから勉強をしなければ… ジカ熱は、性行為でも感染する厄介な感染症と言われています。

水痘

ASP

娘が、とびひ後に水痘疑いにかかり 保育園休む… 水痘ワクチンの効果なのか? 水疱が少なすぎて、皮膚科の先生は手足口病との鑑別が難しいと… それでは、水痘を復習 UpToDate より

Impetigo

ASP

最近流行っている印象のとびひ 深く考えた事なかったです。 復習ですね。 UpToDate

Hand, foot, and mouth disease (HFMD) and herpangina

ASP

娘がヘルパンギーナに… よく分からないので、調べます。 UpToDate

HAP, VAP IDSA Guideline

ASP

久しぶりの改定ですね。 たしか、2005以来? Am J Respir Crit Care Med. 2005;171(4):388. http://www.ncbi.nlm.nih.gov/m/pubmed/15699079/ 治療関連を少し抜粋。

Preauthorization

ASP

Preauthorization Antimicrobial stewardship 2大戦略 prospective audit and feedback (PAF)とPreauthorization 私は好きでないですが、Preauthorizationは、特定抗菌薬を減らす第1歩として、コスパ高い手法だと思います。 感染対策加算のために、やや強制……

Antibiotic stewardship

ASP

連日、実習生とASPについて議論中。 IDSA 、CDCやヨーロッパなどからガイドラインが出され、ASPのもやもやが少し晴れてきた印象です なお、エキスパートはパフというそうです… prospective audit and feedback (PAF) UpToDate

Pharmacy-driven Interventions

CDC ガイドライン Core Elements of Hospital Antibiotic Stewardship Programs http://www.cdc.gov/getsmart/healthcare/implementation/core-elements.html#_ENREF_61 実習生と復習しました。 コアメンバーの薬剤師は、リーダーシップが重要ですが、個々の…

O157

ASP

結構 遭遇するO157 夏祭りで悲しきあるある O157 抗菌薬やるの?やらないの? O157 当院では、抗菌薬は半分半分 というか、前医ですでに投与されているケースがほとんどですが… UpToDate

recurrent infections (adults)

ASP

何かが変だよ recurrent infections 基本から再確認 recurrent infections 私が、臨床で良く遭遇するのは グラム陽性球菌の菌血症治療期間が不十分で、どこかに膿瘍等生じ、再燃するケースです。 よって、非常に基礎的な内容から見直しが必要ですね。 UpToDa…

Acinetobacter infection

Acinetobacter 遭遇すると ヒヤリ Acinetobacter 耐性やだな…Acinetobacter アウトブレイクで報道あるある… Acinetobacter polymyxinsの出番もあるかも…Acinetobacter UpToDate

colistin

日本生まれ colistin 現代の最終兵器 colistin でも耐性菌いるよ colistin 耐性菌どうなる⁉︎ 世界がビビる colistin 尿MDRP 保菌患者の侵襲高い尿路手術にコリスチン予防投与必要性を、紹介先の大学病院 (自施設で手術嫌だとの理由で紹介…)、尊敬する感染症…

methicillin-resistant Staphylococcus aureus (MRSA) microbiology, Prevention and control

宿敵 MRSA 治療は大変 MRSA 制御の基本を守ろう MRSA 制御して戦わずに勝つ MRSA UpToDate

Extended-spectrum beta-lactamases (ESBLs)

Extended-spectrum beta-lactamases (ESBLs) 落ち着いる時、セファマイシン ESBLs 推せるよ セフェピム ESBLs やばい時、カルバペネム ESBLs まだまだ推せない、Piperacillin-tazobactam UTIの経口オプション、Fosfomycin UpToDate

MRSA bacteremia, osteomyelitis

決して甘くない MRSA bacteremia 基本はバンコマイシン MRSA bacteremia コンビネーションはイマイチ MRSA bacteremia UpToDate

clinical approach to S. aureus bacteremia

ASP

基本だね S. aureus bacteremia . 合併症確認は必ず S. aureus bacteremia De-escalationだね S. aureus bacteremia. 心エコーだね S. aureus bacteremia 治療期間の決定は血液培養陰性だね S. aureus bacteremia. 少量アミノグリコシドの併用はやめよう …

combination beta-lactamase inhibitors, carbapenems, and monobactams

ASP

ブロード Carbapenems でも、完璧じゃないよ Carbapenems 使用前に必要な培養出してね Carbapenems 基本を押さえないと抗菌薬テロだねCarbapenems UpToDate

薬剤師 × 感染症 × 参考書

いろいろありますが 1.プラチナマニュアル 見やすい、軽い、安い!抗菌薬選択が明確!TAZ/PIPC推しすぎな気がしますが、個々の施設のローカルデータとにらめっこで考えましょう。当院は、プラチナマニュアル派が圧倒的2.レジデントのための感染症診療マニ…

cephalosporins

ASP

第5世代まであるぞ cephalosporins 第5世代もはやスターウォーズcephalosporins 第3世代経口は察し cephalosporins 風邪にはきかない cephalosporins 採用ミニマリスト目指そう cephalosporins UpToDate

Penicillins

ASP

基本だ Penicillin 半減期短い Penicillin 意識高いぞ Penicillin G 時には持続だ Penicillin G De-escalation だ PCG, ABPC 日本にないぞ Antistaphylococcal penicillins やっぱり基本だ Penicillin UpToDate

Beta-lactam antibiotics

ASP

基本である、Beta-lactam antibiotics BL系とは、Beta-lactam antibiotics 副作用さまざま、Beta-lactam antibiotics IgE-mediated allergic reactions rash diarrhea renal toxicity hypersensitivity immune-mediated reactions encephalopathy seizures U…

Tetracyclines

ASP

1948生まれのTetracyclines 地味なTetracyclines しかし、必要なTetracyclines スイッチにいいかもTetracyclines 副作用が、少し嫌なTetracyclines UpToDate で見直します。

Trimethoprim-sulfamethoxazole

ASP

重要性が増している Trimethoprim-sulfamethoxazole 尿路感染、骨髄炎スイッチやC-MRSAなどにしばしば提案します。 しかし、最近は突然死への関連も疑われている側面もあります。 UpToDate から要点を振り返り

vancomycin 肥満

ASP

最近、肥満の高齢者に対して、vancomycin 投与法を、悩む事が多いです。 なお、当院の抗MRSA薬はvancomycin のみ採用です。 それでは、基本を振り返りましょう。 UpToDate

【定期】Clostridium difficile infection

再発例が最近多し… 研修医の先生と抗菌薬について協議 再発例の対応は、毎回悩んでしまいますね。 UpToDate

出産時、母体に帯状疱疹あった場合の新生児に対する水痘予防

ASP

出産時、母体に帯状疱疹あった場合の新生児に対する水痘予防について、小児科医と協議。 我が国に、varicella-zoster immune globulinないため悩みました。 水痘ワクチン (定期接種は通常通り) γグロブリン 水痘力価が高い製品ロット使用 協議の結果、水痘ワ…