さまよう薬剤師のブログ

感染症治療を考える素材を提供します。最近は意思決定への応用が関心領域。双子と0歳の育児奮闘中。I have Ph.D. but less sense a ID pharmacist (ICPS). Another face is an investor.

2018-08-10から1日間の記事一覧

CARBAPENEMS

薬理学の講義にむけて、カルバペネムの基本を復習 note イミペネムは、 髄膜炎に使用すべきでない。 メロペネムは、細菌性髄膜炎(3ヶ月以上の小児患者)および腹腔内感染症の治療に有用である。 エルタペネムは、半減期が長く1日1回投与できる。髄膜炎デー…