さまよう薬剤師のブログ

学位を持っても、センスのない、感染制御専門薬剤師のブログ.  I have Ph.D. but less sense ID pharmacist.

Durvalumab after Chemoradiotherapy in Stage III Non-Small-Cell Lung Cancer.

Journal Club プレゼンターは、薬学実習生です。論文も学生が選択しました。 durvalumabは、FDAがブレークスルー・セラピーに指定したPD-L1抗体です。 尿路上皮がんに対する報告 https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28817753 が有名です。 今回は、2コース…

TEN疑い

長期抗菌薬が必要な疾患にPCG持続投与中でしたが、TEN疑い。原因の可能性がある薬剤は、抗てんかん薬 (1週間前から中止しているが...) と 抗菌薬。

A Higher Proportion of the EGFR T790M Mutation May Contribute to the Better Survival of Patients with Exon 19 Deletions Compared with Those with L858R.

Journal Club プレゼンターは、呼吸器内科医です。 2017年 に発表された、肺がんにおけるT790M変異と生存の関係性を確認した報告。

Diabetic foot infection: Antibiotic therapy and good practice recommendations.

臨床で悩むことが多い、糖尿病足 感染症(DFI)についての報告がありました。

Dabrafenib in patients with BRAF(V600E)-positive advanced non-small-cell lung cancer: a single-arm, multicentre, open-label, phase 2 trial.

9月からJournal Club再開です。 プレゼンターは、呼吸器内科医です。 2016年 Lancet Oncolに発表された、BRAFV600E変異陽性のstageⅣNSCLC患者に対する、dabrafenibとtrametinibの2剤併用のphase 2.

A fatal outbreak of ST11 carbapenem-resistant hypervirulent Klebsiella pneumoniae in a Chinese hospital: a molecular epidemiological study

LIDに報告された、中国の病院におけるST11CR-Kp http://www.thelancet.com/journals/laninf/article/PIIS1473-3099%2817%2930489-9/fulltext

Should Piperacillin-Tazobactam Be Used as Definitive Therapy against Enterobacteriaceae Harboring Inducible AmpC β-Lactamases?

Amp C とPip/TazについてのAAC報告とレター

脳膿瘍を復習

ASP

緊急ドレナージした脳膿瘍の患者さんについて、脳外科医の先生とディスカッションしエンピリック開始。 脳膿瘍は初めてだったので、抗菌薬選択を調べてみました。

Antibiotic Stewardship in Small Hospitals: Barriers and Potential Solutions

小規模病院によるASPについて、

Colistin Resistance in Carbapenem-Resistant Klebsiella pneumoniae: De Novo or Drug Exposure?

CR-Kpに関するCIDレター。 academic.oup.com

Impact on Morbidity, Mortality, and Length of Stay of Hospital-Acquired Infections by Resistant Microorganisms

スペインの大学病院 単施設による、院内 耐性菌の感染インパクトをレトロスペクティブに調査したCID論文。

The Effect of a Piperacillin/Tazobactam Shortage on Antimicrobial Prescribing and Clostridium difficile Risk in 88 US Medical Centers

CIDに発表された、PIP/TAZとCDI の関連についての報告

Role and Value of Clinical Pharmacy in Heart Failure Management.

心不全マネジメントに対する薬剤師の役割と意義に関するレビュー。

The Effectiveness of Pharmacist Interventions on Cardiovascular Risk: The Multicenter Randomized Controlled RxEACH Trial.

2016年 JACCに報告された、カナダ56薬局の薬剤師介入による心血管疾患の危険因子改善を検討したRxEACH試験。 www.ncbi.nlm.nih.gov

Decreased mortality in patients prescribed vancomycin after implementation of antimicrobial stewardship program

ASP

2017年にAJICに報告された、Veteran Affairs Western New York Healthcare System におけるレトロスペなASP論文。

参考書をリバランス

参考書が満杯になるとリバランスします。 目的は、考えるスペースを作るためです。 方法は、

Evaluation of effects of an operational multidisciplinary team on antibiotic use in the medium to long term at a French university hospital

ASP

2017年にIJCPに報告された、フランスの大学病院における内科と外科病棟によるASP論文。 OMAT (operational multidisciplinary antibiotic team) という名称を知りました。 link.springer.com

Follow-up blood cultures in Gram-negative bacteremia: Are they needed?

2017年CIDに発表された、GNR血流感染のフォロー血液培養の必要性検討に関する報告。 academic.oup.com

First-Line Nivolumab in Stage IV or Recurrent Non-Small-Cell Lung Cancer.

プレゼンターは、呼吸器内科のボス。 2017年NEJMに発表された、IV 期または再発性の非小細胞肺癌に対する第一選択薬としてのニボルマブの報告。ネガティブスタディー。

親子でフジロック2017

フジロックらしい天候でした。 雨、雨、雨 3日目にフジロック未経験の家族 (4歳、4歳、妻) と参加しました。

Procalcitonin as a Marker of Etiology in Adults Hospitalized With Community-Acquired Pneumonia

2017年CIDに発表された、3施設 ( Chicago, Illinois, and 2 hospitals in Nashville, Tennessee) によるCAPとプロカルシトニンに関する報告。

Use of evidence-based recommendations in an antibiotic care bundle for the intensive care unit.

2017年 Int J Antimicrob Agentsに発表された、オランダとイタリアのICUにおけるantibiotic care bundle (ABC-Bundle) の開発に関する報告。

IMPACT OF A CARBAPENEM ANTIMICROBIAL STEWARDSHIP PROGRAM ON PATIENT OUTCOMES.

2017年 AAC に発表された、カルバペネムからのDe-escalationに関するASP報告。

Enhanced antimicrobial de-escalation for pneumonia in mechanically ventilated patients: a cross-over study.

2017年 Crit Care に発表された、人工呼吸患者の肺炎に対するDe-escalationのクロスオーバーStudy。

Incidence of pneumonitis with use of PD-1 and PD-L1 inhibitors in non-small cell lung cancer: A Systematic Review and Meta-analysis of trials

Journal Club 今週のプレゼンターは私です。 2017年CHESTに報告された、 非小細胞肺がんに対するPD-1とPD-L1阻害薬における肺臓炎の違いについてのメタアナ。 この論文を選択した理由は、3つです。 1. PD-1とPD-L1阻害薬の副作用対策はどちらも同様で良いの…

Time to Treatment and Mortality during Mandated Emergency Care for Sepsis

今週のJournal Clubプレゼンターは、専門看護師です。 2017年6月 NEJMに発表された、ニューヨーク州におけるSepsis バンドル(3hour bundle : lactate、血培、抗菌薬投与)の有用性の報告。

Bactericidal and synergistic activity of double-carbapenem regimen for infections caused by carbapenemase-producing Klebsiella pneumoniae.

2016年 CMI に発表された、CP-KPに対するダブルカルバペネム療法のvitro検討。

Clinical failure with and without empiric atypical bacteria coverage in hospitalized adults with community-acquired pneumonia: a systematic review and meta-analysis.

2017年 6月 BMC Infect Dis に発表された、CAPに対するエンピリック非定型カバーの有無におけるClinical failure のsystematic review と meta-analysis。

Double carbapenem as a rescue strategy for the treatment of severe carbapenemase-producing Klebsiella pneumoniae infections: a two-center, matched case–control study

2017年 7月 Critical Care に発表された、イタリア2施設で行われた CP-KPに対するダブルカルバペネム療法 vs 標準治療のケースコントロール研究。

Multicenter, Phase III, Randomized, Double-Blind, Placebo-Controlled Trial of Pravastatin Added to First-Line Standard Chemotherapy in Small-Cell Lung Cancer (LUNGSTAR).

今週のJournal Clubプレゼンターは、前回と異なる薬学部5年生です! 2017年5月 JCOに発表された、SCLCにおけるプラバスタチン+プラチナ+エトポシドとプラセボ+プラチナ+エトポシドを比較した、英国 Phase 3。