さまよう薬剤師のブログ

学位を持っても、センスのない、感染制御専門薬剤師のブログ.  I have Ph.D. but less sense ID pharmacist.

Efficacy and safety of delafloxacin compared with vancomycin plus aztreonam for acute bacterial skin and skin structure infections: a Phase 3, double-blind, randomized study

JACに報告された、皮膚感染に対する、delafloxacin vs vancomycin plus aztreonamのP3。 academic.oup.com

Daptomycin treatment in patients with resistant staphylococcal periprosthetic joint infection.

ASP

BMC ID に発表された、人工関節周囲感染に関するDPTレトロ。 DPT 8.3mg/kg 高用量使用していました。 BMC IDは査読過程も確認できるので、好きな雑誌です。 bmcinfectdis.biomedcentral.com

Surotomycin versus vancomycin in adults with Clostridium difficile infection: primary clinical outcomes from the second pivotal, randomized, double-blind, Phase 3 trial

JAC に報告された、CIDに対するSurotomucin、P3 academic.oup.com

Oseltamivir, amantadine, and ribavirin combination antiviral therapy versus oseltamivir monotherapy for the treatment of influenza: a multicentre, double-blind, randomised phase 2 trial

LIDに発表されたインフルエンザ治療のPⅡ。 combination of oseltamivir, amantadine, and ribavirin VS oseltamivir http://www.thelancet.com/journals/laninf/article/PIIS1473-3099(17)30476-0/fulltext

Glecaprevir plus pibrentasvir for chronic hepatitis C virus genotype 1, 2, 4, 5, or 6 infection in adults with compensated cirrhosis (EXPEDITION-1): a single-arm, open-label, multicentre phase 3 trial

LIDに報告された、Glecaprevir plus pibrentasvir for chronic hepatitis C virus genotype 1, 2, 4, 5, or 6 infection in adults with compensated cirrhosis (EXPEDITION-1)。単一アーム、オープンラベル、多施設第3相試験。 http://www.thelancet.com/jo…

Hospital antimicrobial stewardship: the way forward

LIDで発表された Effect of antibiotic stewardship on the incidence of infection and colonisation with antibiotic-resistant bacteria and Clostridium difficile infection: a systematic review and meta-analysis http://www.thelancet.com/journals…

Hair Repigmentation During Immunotherapy Treatment With an Anti-Programmed Cell Death 1 and Anti-Programmed Cell Death Ligand 1 Agent for Lung Cancer.

Journal Club 学生が担当 最近話題の免疫療法による毛髪の色素沈着についてのBrief Reportです。 https://jamanetwork.com/journals/jamadermatology/article-abstract/2642914

Enteral versus parenteral early nutrition in ventilated adults with shock: a randomised, controlled, multicentre, open-label, parallel-group study (NUTRIREA-2)

Lancetに発表された、ショックを伴う人口呼吸器管理の成人における早期の静脈栄養 vs 経腸栄養:ランダム化、制御、多施設、オープンラベル(NUTRIREA-2). http://www.thelancet.com/journals/lancet/article/PIIS0140-6736(17)32146-3/fulltext

Optimisation of empirical antimicrobial therapy in patients with haematological malignancies and febrile neutropenia (How Long study): an open-label, randomised, controlled phase 4 trial

The Lancet Haematology に発表された、FNのRCT。 empirical antimicrobial therapy はEATと略していました。

Dacomitinib versus gefitinib as first-line treatment for patients with EGFR-mutation-positive non-small-cell lung cancer (ARCHER 1050): a randomised, open-label, phase 3 trial

担当は薬学実習生。2nd Generation DacomitinibについてのPIII試験です。 www.ncbi.nlm.nih.gov

Prolonged versus short-term intravenous infusion of antipseudomonal β-lactams for patients with sepsis: a systematic review and meta-analysis of randomised trials

LIDに発表された、抗緑膿菌ベータラクタム系薬の持続投与に関するメタアナ。 http://www.thelancet.com/journals/laninf/article/PIIS1473-3099(17)30615-1/fulltext

Empiric Therapy With Carbapenem-Sparing Regimens for Bloodstream Infections due to Extended-Spectrum β-Lactamase–Producing Enterobacteriaceae: Results From the INCREMENT Cohort

CIDに報告された、ESBL産生菌に対するエンピリック療法に関する内容。 元データは、INCREMENTコホート研究 (Lancet Infect Dis. 2017 Jul;17(7):726-734. )。

Impact of requiring re-authorization of restricted antibiotics on day 3 of therapy.

ASP

JACに報告された、抗菌薬治療3日目の抗菌薬使用制限に関する検討。

Procalcitonin and antibiotic use: imperfect, yet effective

LIDに報告された、プロカルチンと抗菌薬についてのコメント http://www.thelancet.com/journals/laninf/article/PIIS1473-3099(17)30593-5/fulltext

Durvalumab after Chemoradiotherapy in Stage III Non-Small-Cell Lung Cancer.

Journal Club プレゼンターは、薬学実習生です。論文も学生が選択しました。 durvalumabは、FDAがブレークスルー・セラピーに指定したPD-L1抗体です。 尿路上皮がんに対する報告 https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28817753 が有名です。 今回は、2コース…

TEN疑い

長期抗菌薬が必要な疾患にPCG持続投与中でしたが、TEN疑い。原因の可能性がある薬剤は、抗てんかん薬 (1週間前から中止しているが...) と 抗菌薬。

A Higher Proportion of the EGFR T790M Mutation May Contribute to the Better Survival of Patients with Exon 19 Deletions Compared with Those with L858R.

Journal Club プレゼンターは、呼吸器内科医です。 2017年 に発表された、肺がんにおけるT790M変異と生存の関係性を確認した報告。

Diabetic foot infection: Antibiotic therapy and good practice recommendations.

ASP

臨床で悩むことが多い、糖尿病足 感染症(DFI)についての報告がありました。

Dabrafenib in patients with BRAF(V600E)-positive advanced non-small-cell lung cancer: a single-arm, multicentre, open-label, phase 2 trial.

9月からJournal Club再開です。 プレゼンターは、呼吸器内科医です。 2016年 Lancet Oncolに発表された、BRAFV600E変異陽性のstageⅣNSCLC患者に対する、dabrafenibとtrametinibの2剤併用のphase 2.

A fatal outbreak of ST11 carbapenem-resistant hypervirulent Klebsiella pneumoniae in a Chinese hospital: a molecular epidemiological study

LIDに報告された、中国の病院におけるST11CR-Kp http://www.thelancet.com/journals/laninf/article/PIIS1473-3099%2817%2930489-9/fulltext

Should Piperacillin-Tazobactam Be Used as Definitive Therapy against Enterobacteriaceae Harboring Inducible AmpC β-Lactamases?

Amp C とPip/TazについてのAAC報告とレター

脳膿瘍を復習

ASP

緊急ドレナージした脳膿瘍の患者さんについて、脳外科医の先生とディスカッションしエンピリック開始。 脳膿瘍は初めてだったので、抗菌薬選択を調べてみました。

Antibiotic Stewardship in Small Hospitals: Barriers and Potential Solutions

小規模病院によるASPについて、

Colistin Resistance in Carbapenem-Resistant Klebsiella pneumoniae: De Novo or Drug Exposure?

CR-Kpに関するCIDレター。 academic.oup.com

Impact on Morbidity, Mortality, and Length of Stay of Hospital-Acquired Infections by Resistant Microorganisms

スペインの大学病院 単施設による、院内 耐性菌の感染インパクトをレトロスペクティブに調査したCID論文。

The Effect of a Piperacillin/Tazobactam Shortage on Antimicrobial Prescribing and Clostridium difficile Risk in 88 US Medical Centers

CIDに発表された、PIP/TAZとCDI の関連についての報告

Role and Value of Clinical Pharmacy in Heart Failure Management.

心不全マネジメントに対する薬剤師の役割と意義に関するレビュー。

The Effectiveness of Pharmacist Interventions on Cardiovascular Risk: The Multicenter Randomized Controlled RxEACH Trial.

2016年 JACCに報告された、カナダ56薬局の薬剤師介入による心血管疾患の危険因子改善を検討したRxEACH試験。 www.ncbi.nlm.nih.gov

Decreased mortality in patients prescribed vancomycin after implementation of antimicrobial stewardship program

ASP

2017年にAJICに報告された、Veteran Affairs Western New York Healthcare System におけるレトロスペなASP論文。

参考書をリバランス

参考書が満杯になるとリバランスします。 目的は、考えるスペースを作るためです。 方法は、